kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

子要素や下位要素を展開する略記の記述方法

  子要素や下位要素を展開する略記の記述方法です。
  ここでは便宜上、まとめて下位要素と表記します。

下位要素の略記の記述方法

  下位要素の略記方法です。

  フォーマットは以下のようになります。

要素>下位要素>下位要素・・・

  1-1.単純な例

    下位要素の略記の単純な例です。
    ここでは例として、以下のように記述します。    


div>div

  1-2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようになります。


  2-1.複数の下位要素を記述する例

    複数の下位要素を記述する例です。
    ここでは例として、以下のように記述します。 


div>div>p

  2-2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようになります。


下位要素にid属性を指定する略記の記述方法

  下位要素にid属性を指定する略記の記述方法です。
  前回紹介した記述方法を組み合わせて記述します。

  1.略記の記述

    ここでは例として、以下のように記述します。 


div#div1>div#div2

  2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようにid属性が展開されます。


下位要素にclass属性を指定する略記の記述方法

  下位要素にclass属性を指定する略記の記述方法です。
  前回紹介した記述方法を組み合わせて記述します。

  1.略記の記述

    ここでは例として、以下のように記述します。 


div.div1>div.div2

  2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようにclass属性が展開されます。


下位要素にid属性とclass属性を指定する略記の記述方法

  下位要素にid属性を指定する略記の記述方法です。
  前回紹介した記述方法を組み合わせて記述します。

  1.略記の記述

    ここでは例として、以下のように記述します。


div#div1>div.clsdiv2>p#p1.clsp1

  2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようにid属性とclass属性が展開されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション