kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 14.04のライブメディアから起動したUbuntuにBoot Repairをインストールして起動する 

  以前紹介した「ライブメディアから起動したUbuntuにBoot Repairをインストールして起動する」方法では、Ubuntu 14.04のUbuntu上で「Boot Repair」をインストールすることができません。


  現状「ppa:yannubuntu/boot-repair」PPAでは、Ubuntu 14.04向けに「Boot Repair」を提供していないためです。
  Ubuntu 14.10でも同様に利用できません。

  「ppa:yannubuntu/boot-repair」PPAでは、Ubuntu 12.04 〜 Ubuntu 13.10までの「Boot Repair」を提供しています。

  Ubuntu 14.04以降でライブメディアから起動したUbuntuに「Boot Repair」をインストールしたい場合は、「ppa:kranich/cubuntu」PPAを利用します。

  注意

    本PPAをHDDにインストールしたUbuntuに追加するのは避けたほうが良いでしょう。
    Ubuntu 13.10で提供されている「Boot Repair」がインストールされます。

    「Boot Repair」の動作自体は問題ないとのことです。

  1.ライブメディアからUbuntuを起動する

    ライブメディアからUbuntuを起動します。

    修復対象と同じか新しいバージョンのUbuntu、及び修復対象と同じアーキテクチャー(32bit・64bit)のライブメディアからUbuntuを起動します。

    ここでは「Ubuntu 14.10 64bit」からUbuntuを起動しています。


    注意

      事前にインターネットに接続できるか確認してください。
      インターネットへの接続は必須です。

  2.Boot RepairのPPA追加

    「Boot Repair」をインストールするにあたり、まずPPAの追加とパッケージインデックスファイルの更新を行います。

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository ppa:kranich/cubuntu && sudo apt-get update


    端末に上記のコマンドをコピー&ペーストする場合、「端末」への貼り付けは「Shift + Ctrl + V」キーで行います。

    コマンドを入力したら「エンター」キーを押します。

  3.PPA追加の確認

    以下のようにPPAを追加するか確認が表示されるので、「エンター」キーを押します。


  4.PPAの追加とパッケージインデックスファイルの更新完了

    しばらく待つと、PPAの追加とパッケージインデックスファイルの更新が完了します。


  5.Boot Repairのインストール

    最後に「Boot Repair」のインストールと起動を行います。
    「端末」から以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install -y boot-repair && (boot-repair &)


    端末に上記のコマンドをコピー&ペーストする場合、「端末」への貼付けは「Shift + Ctrl + V」キーで行います。

    コマンドを入力したら「エンター」キーを押します。
    以下のように、「Boot Repair」のインストールが行われます。


  6.Boot Repairの起動

    「Boot Repair」のインストールが完了すると、「Boot Repair」が起動します。
    以下のように警告画面が表示されます。


    訳すと以下になります。

    Ubuntu 13.10のリポジトリーから必要なパッケージをインストールするため、事前にデータのバックアップを取ってください。

  7.メイン画面の表示

    以下のように、「Boot Repair」のメイン画面が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション