kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Brasero

  「Brasero」は、CD/DVD/Blu-rayディスクを作成するアプリです。
  Ubuntuでは、デフォルトでインストールされています。


  対応しているメディア

    「Brasero」は、以下のメディアに対応しています。

  • CD-R
  • CD-RW
  • DVD-RAM
  • DVD+RW
  • DVD+R
  • DVD+R/DL(2層)
  • DVD-RW
  • DVD-R
  • DVD-R/DL(2層)
  • BD-R
  • BD-RE

    便宜上、Blu-rayディスクは「BD」と表記します。

インストール

  「Brasero」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「brasero」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

  アドオンについて

    「Brasero」は、対応するメディアの種類や機能を拡張するため、プラグイン機能やアドオンを提供しています。
    以下のアドオンが提供されていますが、いずれもインストールしておくとよいでしょう。


追加パッケージ

  「Brasero」のプラグインの中には、別途パッケージのインストールが必要なものもあります。
  これらのパッケージをインストールしなくても「Brasero」を利用できますが、一部の機能に制限がでます。

  ここでは別途インストールするパッケージを紹介します。

  cdrdao

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「cdrdao」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

  dvdauthor

    同様に「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「dvdauthor」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

アプリの起動

  Dashホームから、以下のように起動します。


メイン画面のUI構成

  「Brasero」を起動すると、以下の画面が表示されます。


  プロジェクトとは

    「Brasero」では、ユーザーが作成するディスクの設定やファイルなどの情報を、「プロジェクト」という単位で管理します。

    作成した「プロジェクト」をファイルに保存しておけば、後で同じ設定でディスクを作成することができます。

    一度しか作成しないディスクであれば、作成した「プロジェクト」をファイルに保存しなくても良いです。

    一度に複数の「プロジェクト」を開くことはできません。

  1.音楽プロジェクト

    音楽CD(CD-DA)を作成するプロジェクトを作成します。

  2.データプロジェクト

    CD/DVD/BDのデータディスクを作成するプロジェクトを作成します。
    ファイルのバックアップなど、ファイルをディスク上に記録します。

  3.動画プロジェクト

     ビデオCDやDVD-Videoを作成するプロジェクトを作成します。

  4.ディスクのコピー

    ディスクを別のディスクにコピーしたり、ディスクからディスクイメージファイルを作成します。

  5.イメージの書き込み

    ディスクイメージからディスクを作成します。

  6.最近開いたプロジェクト

    最近開いたプロジェクトの一覧が表示されます。
    プロジェクトにカーソルを合わせると、プロジェクトのフルパスが表示されます。 


    プロジェクトをクリックすると、そのプロジェクトを開きます。

    またメニューからいつでも、最近開いたプロジェクトを開くことができます。
    「プロジェクト」メニューを開き「最近開いたプロジェクト」を選択すれば、以下のように最近開いたプロジェクトの一覧が表示されます。


    保存していないプロジェクト

      「最近開いたプロジェクト」に表示される「保存していないプロジェクト」は、最後に作成したファイルに保存していないプロジェクトのことです。

      最後に作成したプロジェクトが未保存だった場合、「Brasero」が自動的に保存・保持します。 


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション