kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

RadeonのプロプライエタリードライバーとWineが共存できない問題

  RadeonのプロプライエタリードライバーとWineが共存できない問題が「Launchpad」に報告されています。


  Launchpad


  何が起きるのか

    RadeonのプロプライエタリードライバーとWineが共存できず、どちらかしかインストールできません。

    Radeonのプロプライエタリードライバーをインストールするなら、Wineをアンインストールする必要があります。

    Wineをインストールするなら、Radeonのプロプライエタリードライバーをアンインストールする必要があります。
    (オープンソースのグラフィックドライバーを利用する)

Radeonのグラフィックドライバー

  Radeonのグラフィックドライバーは、「ソフトウェアとアップデート」を起動し、「追加のドライバー」タブからインストールや確認を行うことができます。


  1.xserver-xorg-video-ati

    オープンソースのRadeonグラフィックドライバーです。
    オープンソースのグラフィックドライバーとWineは共存できるため、このグラフィックドライバーを利用している場合、この問題は起きません。

  2.fglrx

    AMDが提供するRadeonのプロプライエタリードライバーです。
    このグラフィックドライバーを利用している場合、Wineと共存できない問題が発生します。

    ちなみに、AMDのサイトからダウンロードしたRadeonのプロプライエタリードライバーからパッケージを作成した場合、このドライバーと同じ扱いになります。
    (もちろんバージョンは異なります。)

  3.fglrx-updates

    AMDが提供するRadeonのプロプライエタリードライバーです。
    このグラフィックドライバーを利用している場合、Wineと共存できない問題が発生します。

パッケージの依存関係とOpenCL

  OpenCLパッケージへの依存関係が、お互いのパッケージで相容れない状態になっており、この現象が発生しています。
  
  WineはOpenCLライブラリーを必要とするため、「ocl-icd-libopencl1」パッケージをインストールします。

  一方Radeonのプロプライエタリードライバーは、自身がOpenCLライブラリーを提供するため、「ocl-icd-libopencl1」パッケージをアンインストールします。

  ここで競合が発生します。

  Wineをインストールするには、「ocl-icd-libopencl1」パッケージのインストールが必要ですが、Radeonのプロプライエタリードライバーをインストールするには、「ocl-icd-libopencl1」パッケージのアンインストールが必要です。

  結果、どちらかしかインストールできない状況が発生します。

  Wineの修正

    Wine側の修正は既に行われており、修正されたWineがリリースされています。

  Radeonのプロプライエタリードライバーの修正  

    Radeonのプロプライエタリードライバーも修正が必要ですが、こちらはまだ修正が行われていません。
    そのため、現状この問題が発生します。

    修正時期は、Ubuntu 15.04とのことです。
    Ubuntu 15.04は、来年の4月末にリリース予定です。

    修正されたドライバーはUbuntu 14.10にバックポートされる予定ですが、Ubuntu 14.10のサポート期間は短いため、多くのユーザーはUbuntu 15.04へアップグレードして修正されたドライバーを利用することになるかと思います。

  というわけで

    Wineを利用したい人は、Radeonのプロプライエタリードライバーをアンインストールしてください。
    上記の「追加のドライバー」タブで「1.」をクリックして「変更の適用」ボタンをクリックすればOKです。

    Wineを利用しない人はこの問題とは無関係なので、好きなグラフィックドライバーを利用してください。

両方利用したい!6ヶ月も待てない!

  不具合報告のコメントにもあるように、「RadeonのプロプライエタリードライバーもWineも利用したい!6ヶ月も待てるか!」という人は、自分でRadeonのプロプライエタリードライバーのパッケージを修正し、この競合を回避すれば、両方インストールすることができます。

  修正方法は、不具合報告のコメント(#20)を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション