kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

データディスクを作成する

  「データプロジェクト」を作成したら、データディスクを作成することができます。

  1.書き込み先ディスクの選択

    画面下部のメニューから、書き込み先ディスクを選択します。


    このメニューでは、以下のように出力先を選択する項目が表示されます。


  2.書き込み設定画面の表示

    画面右下の「書き込む」ボタンをクリックします。


  3.書き込み設定

    以下の画面が表示されます。


書き込み設定画面のUI構成

  書き込み設定画面のUI構成です。


  1.書き込み速度

    ディスクの書き込み速度をメニューから選択します。
    メニューに表示される書き込み速度は、ドライブの性能により異なります。


    通常は、「最大」を選択します。

  2.ディスクに保存しないでイメージを直接書き込む

    チェックをオンにすると、ディスクイメージを作成せず、直接ディスクの作成を行います。(オンザフライ)
    チェックをオフにすると、一旦HDDにディスクイメージを作成し、そのディスクイメージからディスクの作成を行います。

    どちらも作成されるディスクは同じですが、性能の低いPCでは、チェックをオフにしてディスクを作成するとよいでしょう。

  3.テスト書き込みを行う

    チェックをオンにすると、ドライブ及びディスクに対して、事前に書き込みが正常にできるかテストを行います。
    もしドライブやディスクの品質に十分な信用がない場合は、事前にテストを行うと良いでしょう。

    書き込みテストは、ディスクに対してレーザーを照射しないため、データの記録は行われません。
    書き込みに必要な一連の処理を行い、正常に処理が完了するかテストを行います。

    正常にテストが完了した後、ディスクを作成します。

  BurnProof を使う (書き込みエラーが少なくなる)

    チェックをオンにすると、「BURN-Proof」を有効にします。
    性能の低いPCでは、ディスクに記録するデータの転送が間に合わず「バッファアンダーラン」という現象が発生します。

    「バッファアンダーラン」が発生すると、そのディスクは使えなくなります。
    「BURN-Proof」を利用することで、「バッファアンダーラン」による失敗を回避することができます。

  書き込みが完了した後もディスクを開いたままにする

    チェックをオンにすると、ディスクのクローズ(ファイナライズ)を行いません。
    後でデータの追記が可能になります。(マルチセッション)

  4.作業フォルダー

    ディスクイメージの作成など、一時的に作成するファイルを保存するフォルダーを指定します。

    ボタンをクリックすると、以下のようにフォルダー選択画面が表示されます。
    フォルダーを選択し、「OK」ボタンをクリックします。


ディスクの書き込み

  「書き込み設定画面」で、「複数のディスクに書き込む」ボタンか「書き込む」ボタンをクリックすると、ディスクの作成が始まります。

  1.書き込みテスト

    「書き込み設定画面」で「テスト書き込みを行う」チェックをオンにしていた場合、以下のように書き込みテストが行われます。


  2.書き込みテスト完了

    書き込みテストが完了すると、以下の画面が表示されます。


    この画面で10秒待つか、「今すぐ書き込む」ボタンをクリックすれば、ディスクの作成が始まります。

    エラーが発生した場合は、後述の「書き込みテストのエラー」を参考にしてください。

  3.ディスクの書き込み

    以下のように、ディスクの書き込みが行われます。
    「キャンセル」ボタンをクリックすれば、ディスクの作成を中止します。


  4.インジケーター

    ディスクの作成中は、以下のようにインジケーターが表示されます。
    ディスク作成の進捗などが表示されます。


    「ダイアログの表示」をクリックすれば、「3.」の画面の表示・非表示を切り替えることができます。
    「キャンセル」をクリックすれば、ディスクの作成を中止します。

  5.作成完了

    ディスクの作成が完了すると、以下の通知が表示されます。


    また、以下の画面が表示されます。


    閉じる

      この画面を閉じ、「データプロジェクト」の画面に戻ります。

    別のコピーを作成する

      もう一枚同じディスクを作成します。
      以下の画面が表示されるので、ドライブに新しいブランクディスクを挿入します。


      ブランクディスクを挿入すると、自動的にディスクの作成が行われます。

  6.複数のディスクに書き込んだ場合

    複数のディスクに書き込んだ場合、ディスク作成後に以下の画面が表示されます。


    ドライブに新しいブランクディスクを挿入すれば、自動的にディスクの作成が行われます。
    「キャンセル」ボタンをクリックすれば、「データプロジェクト」の画面に戻ります。

書き込みテストのエラー

  書き込みテスト実行時にエラーが発生した場合は、ログを保存することができます。

  1.書き込みエラー

    書き込みテスト実行時にエラーが発生した場合は、以下の画面が表示されます。


     ログには、エラーの内容と「Brasero」の動作ログが含まれています。
    「ログの保存」ボタンをクリックします。

  2.ログの保存先の選択 

    以下のように、ログの保存先を指定する画面が表示されます。
    ログのファイル名の入力や保存先のフォルダーを選択したら、「保存」ボタンをクリックします。


  3.ログ

    以下のように、ログが保存されます。
    このログはテキストファイルです。


  4.ログの内容

    「テキストエディター」でログを開くと、以下のようにログの内容が表示されます。


    ログの最終行付近から、エラーの内容を調べるとよいでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション