kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

音楽プロジェクトのUI構成

  音楽プロジェクトのUI構成です。


  1.ツールバー

    ファイルの追加や削除などを行うボタンが並びます。

  2.トラック番号

    音楽CDに作成するトラックの番号です。
    この番号の順番で、トラックが作成されます。

  3.タイトル

    トラック(音楽)のタイトルです。
    「CD-Text」の「TITLE」の情報になります。

    音楽ファイルを追加した時に、音楽ファイルのメタデータから情報を読み込み、タイトルを自動的に設定してくれます。

  4.アーティスト

    トラック(音楽)のアーティスト名です。
    「CD-Text」の「PERFORMER」の情報になります。

    音楽ファイルを追加した時に、音楽ファイルのメタデータから情報を読み込み、アーティストを自動的に設定してくれます。

  5.長さ

    トラック(音楽)の長さです。

  6.アルバム名

    音楽CDのアルバム名を入力します。
    「CD-Text」の「TITLE」の情報になります。

  7.書き込み先

    書き込み先のディスク(ドライブ)をメニューから選択します。

    現在ドライブに挿入されているブランクディスクの総容量(時間)が表示れます。
    上記の画像では、74分(650MB)のCD-Rディスクをドライブに挿入しており、「1時間05分の空き」と表示されています。

    加えて、現在プロジェクトに追加されている音楽の総時間が、オレンジ色のバーで表示されます。
    オレンジ色のバーから、どの程度ディスクに空き容量があるのかが分かります。

    また、書き込み先をイメージファイルに設定することもできます。

  8.「書き込む」ボタン

    現在のプロジェクトから音楽CDを作成する画面を表示します。

CD-Textの文字コードについて

  「Brasero」では、音楽CD作成時に「CD-Text」の文字コードを、「UTF-8」から「ISO-8859-1」に変換します。

  「ISO-8859-1」はいわゆる「Latin-1」相当の文字コードになります。
  従って使用できる文字は、英数字記号になります。
  日本語は使用できません。

  もし日本語が含まれている場合、その文字は「_」に置き換わります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション