kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

CD/DVDディスクからディスクイメージを作成する

  CD/DVDディスクからディスクイメージを作成します。

  1.ディスクのコピー画面の表示

    ディスクのコピー画面を表示します。

  2.コピー元ディスクの選択

    「コピー元ディスクの選択」からコピー元のディスク(ドライブ)を選択します。


  3.出力先の選択

    「書き込み先のディスクの選択」から「イメージファイル」を選択します。


  4.保存先選択画面の表示

    「プロパティ」ボタンをクリックし、イメージファイルの保存先を設定します。


  5.保存先の指定

    以下の画面が表示されるので、「6.イメージファイルフォーマットの選択」を行ってから、イメージファイルの保存先フォルダーとファイル名を入力します。


    「保存」ボタンをクリックします。

  6.イメージファイルフォーマットの選択

    「ディスクイメージの種類」メニューを開いて、イメージファイルのフォーマットを選択します。


    よく利用されるのは、「ISO9660 イメージ」です。

    利用方法から、いずれかのフォーマットを選択してください。
    例えば、音楽CDでは「ISO9660 イメージ」は選択できません。
    「ディスクイメージの扱いについて」も参考にしてください。

    イメージファイルの拡張子について

      イメージファイルの拡張子は、選択した「ディスクイメージの種類」に応じて異なります。

      入力したイメージファイルのファイル名の拡張子が、「ディスクイメージの種類」で選択したフォーマットの拡張子と異なる場合、以下の画面が表示されます。


      「拡張子を変更する」ボタンをクリックすれば、適切な拡張子に変更してくれます。

  7.ディスクイメージの作成開始

    「イメージの作成」ボタンをクリックします。


  8.ディスクイメージの作成開始

    以下のように、ディスクイメージの作成が始まります。


    「キャンセル」ボタンをクリックすれば、ディスクイメージの作成を中止します。

  9.インジケーター

    ディスクイメージの作成中は、以下のようにインジケーターが表示されます。
    ディスクイメージ作成の進捗などが表示されます。


    「ダイアログの表示」をクリックすれば、「8.」の画面の表示・非表示を切り替えることができます。
    「キャンセル」をクリックすれば、ディスクイメージの作成を中止します。

  10.作成完了

    ディスクの複製が完了すると、以下の通知が表示されます。


    また、以下の画面が表示されます。


    「閉じる」ボタンをクリックし、ディスクのコピー画面に戻ります。

  11.作成されたディスクイメージ

    「Nautilus」を起動すると、以下のようにディスクイメージが作成されています。
    ここでは例として、「6.」で「ディスクイメージの種類」に「ISO9660 イメージ」を選択しました。


    Ubuntuでは、「ISO9660 イメージ」をマウントし、中身にアクセスすることができます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション