kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ディスクイメージからディスクを作成する

  「Brasero」では、ディスクイメージからディスクを作成することができます。


  対応しているディスクイメージの形式

    対応しているディスクイメージの形式は、以下の通りです。

  • ISO9660イメージ
  • Readcd/Readomイメージ
  • CUEイメージ
  • cdrdaoイメージ

    「ディスクイメージの扱いについて」も参考にしてください。

メイン画面からイメージの書き込み画面を表示

  「Brasero」起動時、メイン画面が表示されます。
  この画面からイメージの書き込み画面を表示できます。

  1.イメージ書き込み画面の表示

    メイン画面からイメージの書き込み画面を表示するには、「イメージの書き込み」ボタンをクリックします。

  2.イメージ書き込み画面

    以下のように、イメージの書き込み画面が表示されます。
 

    プロジェクトを開いている場合は、メニューからイメージの書き込み画面を表示してください。

メニューからイメージの書き込み画面を表示

  メニューからイメージの書き込み画面を表示します。

  1.ディスクのコピー画面の表示

    「プロジェクト」メニューを開き「新しいプロジェクト」を選択し、「ディスクのコピー」をクリックします。


  2.既存の動画プロジェクトの破棄確認

    プロジェクトを開いている場合、以下のように現在のプロジェクトを破棄してよいか確認画面が表示されます。


    キャンセル

      「キャンセル」ボタンをクリックすれば、動画プロジェクトの新規作成をキャンセルします。

    プロジェクトを破棄する

      「プロジェクトを破棄する」ボタンをクリックすれば、現在作業中のプロジェクトを破棄し、イメージの書き込み画面を表示します。

  3.イメージ書き込み画面

    以下のように、イメージの書き込み画面が表示されます。


イメージの書き込み画面のUI構成

  イメージの書き込み画面のUI構成です。


  1.書き込むディスクイメージの選択

    ディスクに書き込むディスクイメージを選択します。

  2.書き込み先ディスクの選択

    書き込み先のディスク(ドライブ)を、以下のメニューから選択します。


  3.「プロパティ」ボタン

    「2.」で選択したディスク(ドライブ)の書き込み設定画面を表示します。
    ディスクの作成を行う前に、設定を確認しておくと良いでしょう。


  4.「キャンセル」ボタン

    イメージの書き込み画面を閉じ、メイン画面に戻ります。

  5.「複数のディスクに書き込む」ボタン

    ディスクの作成を開始します。
    複数のディスクを作成する時は、このボタンをクリックします。

  6.「書き込み」ボタン

    ディスクの作成を開始します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション