kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ntpによる時刻の自動設定

  「時刻と日付の設定」では、「ntp」による時刻と日付の自動設定を行うことができます。

  1.設定の変更

    「設定」をクリックし、「インターネット上のサーバーと同期させる」を選択します。


    「タイムゾーン」は事前に設定しておいてください。

  2.ntpのインストール確認

    「ntp」のインストール確認が行われ、もし「ntp」がインストールされていない場合は、以下の画面が表示されます。


    「Install NTP support」ボタンをクリックします。

  3.認証

    ソフトウェアのインストールを行うので、以下の認証画面が表示されます。
    自分のパスワードを入力して「認証する」ボタンをクリックします。


  4.ntpのインストール

    以下のように、「ntp」のインストールが行われます。


  5.設定完了

    「設定」で「インターネット上のサーバーと同期させる」を選択すると、バックグラウンドで「ntp」サービスが起動し、時刻と日付の自動調整が行われるようになります。


    またPC起動時に、「ntp」サービスが起動するようになります。

  Ubuntuソフトウェアセンターからntpをインストール

    事前に、Ubuntuソフトウェアセンターからntpをインストールしておくこともできます。
    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「ntp」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  ntpdateとntp

    Ubuntuでは、NTPによる時刻と日付の自動調整を「ntpdate」で行っています。
    「ntpdate」はネットワーク接続時、NTPサーバーにアクセスし、時刻と日付の自動調整を行います。

    一方「ntp」は、ある時間ごとにNTPサーバーにアクセスし、時刻と日付の自動調整を行います。
    NTPサーバーにアクセスする時間は、自動的に調整されます。

    通常の利用において、「ntp」による時刻と日付の自動調整を行う必要はありません。
    デフォルトでインストールされる「ntpdate」による時刻と日付の自動調整で十分です。
    ちなみに「ntpdate」と「ntp」は共存できます。

手動で時刻と日付の設定を行う

  手動で時刻と日付の設定を行います。

  手動設定

    「設定」をクリックし、「インターネット上のサーバーと同期させる」を選択します。
    「ntp」サービスが停止し、PC起動時に「ntp」サービスが起動しないようになります。


    「タイムゾーン」は事前に設定しておいてください。


  1.時刻

    設定する時刻を入力します。
    左から、「時」「分」「秒」です。
    24時間表記で入力してください。

    時間を変更すると、数秒後に自動的に時間がシステムに反映されます。

  2.システムクロックと同期

    システムクロックと動機を行います。

  3.日付

    設定する日付を入力します。
    左上で西暦を選択し、右上で月を選択します。
    選択した西暦と月に対応した日付の一覧が表示されるので、該当する日付をクリックします。

    日付を変更すると、数秒後に自動的に日付がシステムに反映されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション