kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

共有フォルダーの設定

  「GNOME System Tools」では、共有フォルダーの設定を行うことができます。


  アプリ名は、「shares-admin」です。

  共有フォルダーの方法について

    「フォルダーの共有」では、以下のプロトコルでフォルダーの共有を行うことができます。

  • Samba
  • NFS(Network File System)

    必要なソフトウェアを事前にインストールしておく必要があります。

  Samba(SMB/CIFS)について

    「Samba」は、WindowsやOS Xとフォルダーを共有する時に利用します。
    Ubuntuでは、「Nautilus」からフォルダーの共有を行うことができます。

    「フォルダーの共有」で行うフォルダーの共有と、「Nautilus」から行うフォルダーの共有は、共有されたフォルダーの管理方法が異なります。

    管理方法が異なるため、「フォルダーの共有」で共有したフォルダーは、「Nautilus」から認識されません。
    逆も同様です。
    「Nautilus」で共有したフォルダーは、「フォルダーの共有」から認識されません。

    どちらの方法でもフォルダーの共有を行うことができますが、設定できるオプションは「Nautilus」のほうが多いです。

    「フォルダーの共有」からフォルダーの共有を行わず、「Nautilus」からフォルダーの共有を行ったほうがよいです。

  NFSについて

    NFS(Network File System)はLinuxと親和性の高く、Ubuntu(Linux)やOS Xとフォルダーを共有する時に利用します。

    ただし、「Nautilus」からNFSで共有されたフォルダーをマウントできません。
    NFSで共有されたフォルダーをマウントするには、コマンドの実行など別の方法を使用する必要があります。

共有フォルダーの設定の起動

  「共有フォルダーの設定」は、Dashホームを開いて以下のように起動します。


  Dashホームに表示されない時は、「端末」を起動し以下のコマンドを実行してください。

shares-admin


ロックの解除

  「共有フォルダーの設定」は、起動直後以下のようにロックされており、ユーザーは設定を変更することができません。
  設定を変更するには、まずアンロックする必要があります。


  1.アンロック

    右下の「Unlock」ボタンをクリックします。


  2.認証

    以下の認証画面が表示されるので、自分のパスワードを入力し、「認証する」ボタンをクリックします。


  3.アンロック完了

    認証が成功すると、以下のように設定を変更できるようになります。


フォルダーの共有設定

  「フォルダの共有」タブをクリックすると、以下のように「フォルダの共有」で共有したフォルダーの一覧が表示されます。


  この画面から、共有するフォルダーの追加や、共有フォルダーの設定などを行うことができます。

  注意

    上記にも記述したとおり、「Nautilus」で共有したフォルダーは一覧に表示されません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション