kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

clamfs

  「clamfs」は、オンアクセススキャンを行う仮想ボリュームを作成するソフトウェアです。

  オンアクセススキャンを行うため、仮想ボリューム内でファイル操作を行うと、ウイスルスキャンが実行され、ファイルのウイルスチェックが行われます。

  オンアクセススキャン

    オンアクセススキャンとは、アプリやユーザーがファイルの操作を行う時に、ウイスルスキャンを実行することです。

  仮想ボリューム

    「clamfs」は、ユーザーが指定した任意のフォルダーを仮想ボリュームとして提供します。
    この仮想ボリュームは、通常のボリュームのようにファイルの操作が可能です。


    この仮想ボリュームを通してファイルの操作を行うことで、常にウイルススキャンが行われるようになります。

インストール

  「clamfs」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「clamfs」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

  ウイルススキャンを行うサービスについて

    「clamfs」をインストールすると、ウイルススキャンを行うサービスである「clamav-daemon」もインストールされます。
    「clamav-daemon」は、Ubuntu起動時に自動的に起動し、仮想ボリューム上のファイルに対してウイルススキャンを実行します。

    「clamav-daemon」は、サービスの起動時にシグネチャーを読み込むため、サービスが起動完了するまでに少し時間がかかります。

  サービスのメモリー使用量について

    シグネチャーを読み込むということは、状況によってはメモリーの使用量が大きくなります。

    システムモニターを起動してサービスのメモリー使用量を見ると、以下のように約300MiB程メモリーを使用していることがわかります。
    (サービスのプロセス名は「clamd」です。)


    メモリーの搭載量が少ないPCで「clamfs」を利用する場合、メモリーの空き容量が少なくなるため注意してください。

clamfsの準備を行う

  「clamfs」を利用するには、準備が必要です。
  「clamfs」の準備には、以下の2つがあります。

  1. 「clamfs」で使用するフォルダーの作成
  2. 「clamfs」で使用する設定ファイルの作成

  clamfsの利用方針について

    すべてのユーザーから利用できる仮想ボリュームを作成するなど、様々利用方法があります。
    ここでは、以下の方針で「clamfs」を利用します。

  • ユーザー専用の仮想ボリュームを作成する
  • システムの設定ファイルは変更しない

    一般的なデスクトップユーザーなら、上記で十分かと思います。

1.clamfsで使用するフォルダーの準備

  まず、「clamfs」で使用するフォルダーを準備します。

  上記にも記述したとおり、ある特定のフォルダーを仮想ボリュームとして提供するため、2種類のフォルダーを作成します。

  1-1.フォルダーの作成

    ユーザーのホームフォルダー直下に2種類のフォルダーを作成しても良いですが、ここでは例として「~/clamfs」フォルダー内に2種類のフォルダーを作成します。


    ホームフォルダー内には、元々様々なフォルダーがあり、煩雑になるのを避けるためです。

  1-2.clamfs用のフォルダーの作成

    「clamfs」で使用するフォルダーを作成します。

    以下の2種類のフォルダーを作成します。

  • 実際にファイルを格納するフォルダー
  • 仮想ボリュームのマウント用のフォルダー


    ClamFS_Source

      実際にファイルを格納するフォルダーです。

      仮想ボリュームにファイルをコピーしたり、仮想ボリューム上でファイルの作成や保存を行うと、ファイルはこのフォルダーに配置・保存されます。

      直接このフォルダーにアクセスすれば、仮想ボリュームを作成していなくても、ファイルにアクセスできます。
      もちろん、ファイルにアクセスした際、ウイルススキャンは実行されません。

    VirusScanVolume

      仮想ボリュームのマウント用のフォルダーです。
      フォルダー名は、仮想ボリュームのボリューム名になるので、分かりやすい名称を付けましょう。

2.clamfs設定ファイルの作成

  次に、「clamfs」で使用する設定ファイルを作成します。

  2-1.設定ファイルのテンプレート

    設定ファイルのテンプレートが、「/usr/share/doc/clamfs/clamfs-sample.xml.gz」に用意されています。


    このテンプレートをテキストエディターで開きます。


  2-2.設定ファイルの保存

    開いた設定ファイルのテンプレートを「名前を付けて保存」します。

    ファイル名は「clamfs.xml」にしました。
    また、ファイルの種類で「すべてのテキストファイル」を選択してください。


    以下のように、確認画面が表示されるので、「プレーンテキストで保存」をクリックします。


    「~/clamfs/clamfs.xml」に保存しました。


  2-3.設定ファイルの編集

    設定ファイルを編集します。
    以下の「filesystem」要素に、「1-2.」で作成したフォルダーのパスを指定します。


    root属性

      「root」属性には、実際にファイルを格納するフォルダーのパスを指定します。

    mountpoint属性

      「mountpoint」属性には、仮想ボリュームを作成する(マウントする)フォルダーのパスを指定します。

    public属性

      「public」属性には、他のユーザーから仮想ボリュームにアクセスできるかどうかを指定します。
      「yes」を指定する場合、「/etc/fuse.conf」ファイルの編集が必要です。

    readonly属性

      「readonly」属性には、仮想ボリュームを読み込み専用でマウントするかどうかを指定します。

  2-4.設定ファイルの編集例

    ここでは例として、以下のように設定しました。

<filesystem root="/home/ubuntu/clamfs/ClamFS_Source" mountpoint="/home/ubuntu/clamfs/VirusScanVolume" public="no" />


    以上で完了ですが、他にも設定できるオプションがあります。

    必要に応じて編集してください。
    通常は元々記述されている内容のままで良いです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション