kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

オンアクセススキャンを行う仮想ボリュームを作成する

  準備が完了したら、オンアクセススキャンを行う仮想ボリュームを作成します。

  1.仮想ボリュームの作成

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

clamfs 設定ファイル

    前回設定ファイルは、「~/clamfs/clamfs.xml」に保存したので、ここでは以下のコマンドを実行します。

clamfs '/home/ubuntu/clamfs/clamfs.xml'


  2.コマンドの実行

    コマンドを実行すると、以下のように表示されます。


    もし設定ファイル等に問題があれば、エラーが表示されます。

  3.仮想ボリューム

    「Nautilus」を起動すると、以下のように仮想ボリュームが作成され、マウントが行われます。


    通常のボリュームのようにアクセスできます。

  4.ファイルを配置

    この仮想ボリューム上に配置したファイルに対して、ウイルススキャンが実行されます。
    ここでは例として、以前紹介したテスト用のファイルを配置してみます。


  5.ファイルの操作

    ファイルをアプリで開いてみます。
    このファイルはウイルスに感染しているので、以下のようにファイルへのアクセスが拒否されます。

    以下は、「Nautilus」でファイルを他のフォルダーにコピーしようとした時の例です。


    以下は、「アーカイブマネージャー」でファイルを開こうとした時の例です。


    また、「システムログ」を確認すると、以下のようにウイルスの検出メッセージが出力されています。

Jan 17 09:03:28 ubuntu-vb-1410 clamfs: (file-roller:4647) (ubuntu:1000) /home/ubuntu/clamfs/ClamFS_Source/clam.7z: ClamAV-Test-File FOUND

    仮想ボリューム上でウイルスが見つかっても、UI上にメッセージは出力されないため、「システムログ」を確認する必要があります。

ファイルのアクセス権について

  ウイルススキャンを行う「clamd」は、「clamav」ユーザーで動作しています。
  そのため、仮想ボリューム上に配置したファイルに読み込み権限がない場合、ウイルススキャンを行うことができません。

  ファイルのアクセス権の「その他」の「アクセス」が、「読み込み専用」になっていることを確認してください。


  フォルダーも同様です。

  システムログ

    アクセス権がないファイルやフォルダーに対してウイルススキャンを実行しようとした場合、「システムログ」に以下のようなメッセージが出力されます。

Jan 17 09:03:28 ubuntu-vb-1410 clamfs: (file-roller:4647) (ubuntu:1000) /home/ubuntu/clamfs/ClamFS_Source/clam.7z: Access denied. ERROR

  ファイル操作について

    アクセス権がない(ウイルススキャンが実行できない)ファイルを操作しようとした場合、ウイルスが検出された時と同様に、ファイルへのアクセスが拒否されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション