kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ログイン時に仮想ボリュームを作成する

  「clamfs」コマンドによる仮想ボリュームの作成は、一時的なものです。
  PCを再起動すると、仮想ボリュームは削除されます。

  ここでは、ログイン時に自動的に仮想ボリュームを作成するようにします。

  1.スクリプトの作成

    以下のように、「clamfs」を実行するスクリプトを作成します。

#!/bin/bash

clamfs /home/ubuntu/clamfs/clamfs.xml


  2.スクリプトの保存

    スクリプトを保存します。
    ここでは例として、「~/clamfs/LaunchClamFS.sh」に保存しました。


  3.実行権限を付ける

    ファイルのプロパティー画面を開き、以下のように実行権限を付けます。


  4.自動起動

    「自動起動するアプリケーション」に作成したスクリプトを登録します。


    以下のようにチェックをオンにしておきます。


    以上で完了です。

仮想ボリュームの作成に失敗するときは

  ウイルススキャンを行うサービスである「clamd」は、起動完了に少し時間がかかるため、タイミングによっては、ログイン直後の仮想ボリュームの作成に失敗します。
  特に自動ログインを有効にしている環境では、失敗するケースが多いと思います。

  この状況に対応するため、以下のいずれかの方法を実施します。

  1. 「clamfs」実行時に「clamd」の起動チェックを行わない
  2. 「clamfs」の実行を遅延させる
  
  都合の良い方法を選択してください。
  よく分からなければ、まず前者の方法を採用してください。

  1.「clamfs」実行時に「clamd」の起動チェックを行わない

    「clamfs」実行時に「clamd」の起動チェックを行わない方法です。
    「clamfs」設定ファイルを開き、設定を行います。

    編集箇所は、以下の赤線の箇所です。


    「check」属性の値を、「yes」から以下のように「no」に変更します。


    設定ファイルを保存して完了です。

  2.「clamfs」の実行を遅延させる 

    「clamfs」の実行を遅延させる方法です。
    上記で作成したスクリプトに、「sleep」を追加します。


    単位は秒です。
    上記では例として「20秒」を指定しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション