kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ウイルススキャンやシグネチャーのアップデートを定期的に実行する

  「ClamTk」では、ウイルススキャンやシグネチャーのアップデートを定期的に実行するスケジュール機能があります。

  1.スケジュール画面の表示

    メイン画面で「スケジュール」をダブルクリックします。


  2.スケジュール画面

    以下の画面が表示されます。


    すでにスケジュールを設定している場合、そのスケジュール内容が表示されます。

ウイルススキャンを定期的に実行する

  ウイルススキャンを定期的に実行します。

  ウイルススキャンの対象は、ユーザーのホームフォルダーになります。
  また、再帰的にスキャンが行われるため、サブフォルダー以下もスキャンの対象になります。

  ホワイトリストの設定は、反映されます。

  1.スケジュールの設定を行う

    ウイルススキャンの定期的な実行は、以下の「スキャン」で設定を行います。

    ウイルススキャンを実行する時間を、24時間表記で指定します。
    毎日この時間にウイルススキャンを行います。


  2.スケジュールの登録

    右下の「+」ボタンをクリックします。


    すでにスケジュールが登録されている場合、「+」ボタンはクリックできません。
    一旦スケジュールを削除してから、再度スケジュールの登録を行ってください。

  3.スケジュールの登録完了

    スケジュールの登録が完了すると、以下のように「毎日のスキャン実行のスケジュールあり」と表示されます。


ウイルススキャンのスケジュールを削除する

  ウイルススキャンのスケジュールを削除します。

  1.スケジュールの削除

    「スキャン」内の右下の「ー」ボタンをクリックします。


  2.スケジュールの削除完了

    スケジュールの削除が完了すると、以下のように「毎日のスキャン実行のスケジュールなし」と表示されます。


シグネチャーのアップデートを定期的に実行する

  シグネチャーのアップデートを定期的に実行します。

  注意

    シグネチャーのアップデートは、シグネチャーの更新方法が手動更新になっている時のみ有効です。
    自動更新になっている場合、アップデートを定期的に実行しないようにしてください。

  1.スケジュールの設定を行う

    シグネチャーのアップデートの定期的な実行は、以下の「アンチウイルスのシグネチャ」で設定を行います。

    アップデートを実行する時間を、24時間表記で指定します。
    毎日この時間にアップデートを行います。


  2.スケジュールの登録

    右下の「+」ボタンをクリックします。


  3.スケジュールの登録完了

    スケジュールの登録が完了すると、以下のように「毎日の定義アップデートのスケジュールあり」と表示されます。


シグネチャーのアップデートのスケジュールを削除する

  シグネチャーのアップデートのスケジュールを削除します。

  1.スケジュールの削除

    「アンチウイルスのシグネチャ」内の右下の「ー」ボタンをクリックします。


  2.スケジュールの削除完了

    スケジュールの削除が完了すると、以下のように「毎日の定義アップデートのスケジュールなし」と表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション