kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ClamTk 5.10

  Ubuntu 14.10では、「ClamTk 5.10」がインストールできます。



  以下のようにメイン画面が大きく変更され、直接メイン画面から各機能にアクセスできるようになりました。


シグネチャーの更新方法の設定 

  シグネチャーの更新方法を確認・設定します。
  シグネチャーとは、ウイルスデータベース・ウイルス定義ファイルのことです。

  1.アップデートアシスタントの表示

    メイン画面の「アップデートアシスタント」をダブルクリックします。


  2.更新方法の選択

    以下の画面が表示されるので、シグネチャーの更新方法を選択します。
    更新方法には、「自動更新」と「手動更新」の2種類があります。


    コンピューターが自動的にアップデートを受信

      シグネチャーを自動で更新します。
      シグネチャーは、1時間に1回更新チェックが行われ、必要に応じてシグネチャーをダウンロードします。

      自動更新です。

    自分でシグネチャをアップデート

      ユーザーがシグネチャーを手動で更新します。
      スケジュールで定期的に更新を行うこともできます。

      手動更新です。


    特に理由がなければ、「自動更新」をおすすめします。
    更新方法を選択したら、「適用」ボタンをクリックします。

  3.設定完了

    以下のように、更新方法が設定されます。


    「戻る」ボタンをクリックして、メイン画面に戻ります。

ウイルススキャンの設定を行う

  ウイルススキャンを行う前に、ウイルススキャンの設定を行うと良いでしょう。

  設定画面の表示

    メイン画面の「設定」をダブルクリックします。


ウイルススキャンの設定

  以下の画面が表示されます。


  設定を行ったら、「戻る」ボタンをクリックします。

  不要なアプリケーション(PUA)をスキャンする

    チェックをオンにすると、ウイルススキャン時にPUAのスキャンも行います。
    チェックをオフにすると、PUAのスキャンは行いません。

  ドットで始まるファイルをスキャンする

    チェックをオンにすると、ファイル名やフォルダー名が「.」で始まる隠しファイルや隠しフォルダーもスキャンの対象にします。

    チェックをオフにすると、隠しファイルや隠しフォルダーはスキャンされません。

  20MB以上のファイルもスキャンする

    アーカイブファイル(圧縮ファイル)に関する設定です。

    チェックをオンにすると、25MB以内のアーカイブファイルを展開し、ウイルススキャンを行います。
    チェックをオフにすると、20MB以内のアーカイブファイルを展開し、ウイルススキャンを行います。

    それぞれのファイルサイズの制限を超えるアーカイブファイルは、ウイルススキャンの対象外になります。

  ディレクトリを再帰的にスキャンする

    チェックをオンにすると、常にサブフォルダー以下のファイルも再帰的にスキャンします。
    チェックをオフにすると、サブフォルダー以下のファイルのスキャンは行いません。

  このプログラムのアップデートをチェックする

    チェックをオンにすると、「ClamTk」起動時に「ClamTk」のアップデートがあるかどうか、更新チェックを行います。
    チェックをオフにすると、更新チェックを行いません。

    これは更新チェックのみで、「ClamTk」のダウンロードは行いません。
    更新があれば、メイン画面下部に情報が表示されます。

  アイコンをダブルクリックで開く

    デフォルトでは、メイン画面でアイコンをダブルクリックすると、各機能にアクセスできます。
    この設定をオフにすると、シングルクリックで各機能にアクセスできるようになります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション