kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ログから特定の文字列を含む行を一括抽出する

  ログから特定の文字列を含む行を一括抽出します。
  文字列の検索は、画面下部から行います。


  以前紹介した「ログから特定の文字列を検索する・特定の文字列をハイライト表示する」と使い分けるとよいでしょう。

  1.検索する文字列の入力

    「Text」に検索する文字列の入力します。
    正規表現で入力しますが、検索設定で変更することができます。


  2.検索

    「Search」ボタンをクリックします。


  3.検索結果一覧

    条件に合う文字列を含む行の一覧が、以下のように表示されます。


検索画面のUI構成

  検索画面のUI構成です。


  1.Text

    検索する文字列を入力します。
    正規表現で入力しますが、検索設定で変更することができます。

  2.Search

    ログの検索を開始します。

  3.検索中止

    ログの検索を中止します。

  4.表示メニュー

    ボタンをクリックすると、以下のようにメニューが表示されます。


    「8.」に表示する内容を選択します。

    Marks and matches

      マークを設定した行と、検索結果を両方表示します。

      マークを設定した行は、左側の列に青矢印が表示されます。
      検索結果の行は、左側の列に赤丸が表示されます。


    Marks

      マークを設定した行のみ表示します。
      マークを設定した行は、左側の列に青矢印が表示されます。


    Matches

      検索結果のみ表示します。
      検索結果の行は、左側の列に赤丸が表示されます。


  5.検索結果

    条件に合う文字列を含む行の総行数が表示されます。

  6.Ignore case

    チェックをオンにすると、大文字・小文字を区別せず検索を行います。
    チェックをオフにすると、大文字・小文字を区別して検索を行います。

  7.Auto-refresh

    チェックをオンにすると、ログが更新された際、自動的に再検索を行います。
    チェックをオフにすると、再検索は行われません。

  8.マークと検索結果の一覧

    マークと検索結果の一覧が表示されます。

検索結果の行に移動する

  検索結果の行に移動します。

  1.検索結果の選択

    検索結果一覧から、移動したい行を選択します。


  2.行の移動

    以下のように、選択された行に移動します。


検索結果をすべて削除する

  検索結果をすべて削除します。

  1.検索する文字列の入力

    「Text」を空白にします。


  2.検索

    「Search」ボタンをクリックします。


  3.検索結果一覧

    以下のように、検索結果がすべて削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション