kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リポジトリーを作成するコマンドの説明

  「git init」コマンドは、リポジトリーを新規に作成するコマンドです。


  「ベアリポジトリー」や「ノンベアリポジトリー」を作成することができます。
  既存のリポジトリーをクローンする場合は、「git clone」コマンドを使用してください。

  リポジトリーの再初期化にも使用できる

     「git init」コマンドは、既存のリポジトリーを指定して、既存のリポジトリーを再初期化することもできます。
    再初期化を行うと、「テンプレートディレクトリー」内に追加されたファイルをコピーしたり、「Gitディレクトリー」の場所(--separate-git-dir)を変更することができます。

    リポジトリーの既存の「スナップショット」に影響を及ぼさず、安全に再初期化することができます。

  masterブランチが作成される

    リポジトリーを作成すると、デフォルトで「master」ブランチが作成されます。
    また「HEAD」は、「master」ブランチを指します。

    リポジトリー作成後に、ブランチ名を変更することも可能です。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git init <オプション> <リポジトリーを作成するフォルダーのパス>

リポジトリーの種類に関するオプション

  作成するリポジトリーの種類を指定するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  リポジトリーの種類に関するオプションの指定なし

    リポジトリーの種類に関するオプション指定しなかった場合、「ノンベアリポジトリー」を作成します。
    「他のユーザーと共有しないノンベアリポジトリーを作成する」を参考にしてください。

  ベアリポジトリーの作成(--bare)

    このオプションを指定すると、「ベアリポジトリー」を作成します。
    「他のユーザーと共有するベアリポジトリーを作成する」を参考にしてください。

テンプレートに関するオプション

  リポジトリーのテンプレートに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  テンプレートディレクトリーの指定(--template=)

    「テンプレートディレクトリー」を指定します。
    「テンプレートディレクトリーを指定してリポジトリーを作成する」を参考にしてください。

Gitディレクトリーに関するオプション

  「Gitディレクトリー」に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  Gitディレクトリーの配置場所の指定(--separate-git-dir=)

    「Gitディレクトリー」の配置場所を指定します。
    「Gitディレクトリーの配置場所を指定して、リポジトリーを作成する」を参考にしてください。 

リポジトリーのアクセス権に関するオプション

  リポジトリーのアクセス権に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  リポジトリーのアクセス権の指定(--shared)

    リポジトリーのアクセス権を指定します。
    このオプションを指定しなかった場合、「umask」で取得した値からアクセス権を設定します。

    「リポジトリーのアクセス権を指定して、リポジトリーを作成する」を参考にしてください。 

情報の出力に関するオプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  出力する情報の抑制(-q, --quiet)

    このオプションを指定すると、エラー以外のメッセージを表示しなくなります。

リポジトリーを作成するフォルダーのパス

  リポジトリーを作成するフォルダーのパスを指定します。
  フォルダーのパスは、カレントディレクトリーからの相対パスか、絶対パスで指定します。

  パスに空白が含まれる場合など、必要に応じてGitディレクトリーのパスを""で括って指定してください。

    例:"my  Repository"

    常にパスを""で括って指定しても良いです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション