kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートブランチとローカルブランチ

  以前紹介したように、既存のリポジトリーをクローンした場合、「リモートリポジトリー」と「ローカルリポジトリー」の関係が作られます。


  ブランチも同様に、「リモートブランチ(Remote Branch)」と「ローカルブランチ(Local Branch)」の関係が作られます。
  「リモートブランチ」は、「リモートリポジトリー」にあるブランチのことです。
  「ローカルブランチ」は、「ローカルリポジトリー」にあるブランチのことです。
  

リモートトラッキングブランチ(Remote-tracking Branch)

  「リモートトラッキングブランチ」は、「ローカルリポジトリー」に作成されるブランチです。


  例えばリポジトリーのクローン直後であれば、「リモートリポジトリー」にあるブランチごとに「リモートトラッキングブランチ」が作成されます。

  ローカルブランチの一種

  「ローカルリポジトリー」に作成されるブランチなので、「リモートトラッキングブランチ」も「ローカルブランチ」の一種です。

    しかし、役割が通常の「ローカルブランチ」と異なるため、明確に区別されます。

  リモートトラッキングブランチの役割

    トラッキング(追跡)という名称が付いている通り、「リモートブランチ」を追跡するブランチです。


    「Git」では多くの作業を自分のPC(ローカルリポジトリー)で行います。
    この時、「リモートブランチ」の状態を「リモートトラッキングブランチ」で表します。

    「リモートブランチ」の状態を自分の「ローカルリポジトリー」に保持しているため、「リモートリポジトリー」にアクセスしなくても、「リモートブランチ」の状態が分かります。
    「リモートブランチ」の状態を知りたければ、「リモートトラッキングブランチ」を見ればよいです。

    ただし自動的に「リモートトラッキングブランチ」が更新されることはありません。
    言い換えれば、「リモートトラッキングブランチ」は「リモートブランチ」のキャッシュと言ったところでしょうか。

    クローン直後は、「リモートブランチ」と「リモートトラッキングブランチ」は同じ状態です。
    すなわち、両ブランチの「ブランチヘッド」は、同じ「コミットオブジェクト」を指しています。

  ブランチヘッドが変わる

    例えば、他のユーザーとリポジトリーを共有していて、自分以外のユーザーが「リモートブランチ」を更新すると、「リモートブランチ」と「リモートトラッキングブランチ」は、異なる「コミットオブジェクト」を指します。


    このような状況でも「リモートリポジトリー」からpullなどを行えば、「リモートトラッキングブランチ」が更新され、「リモートブランチ」と「リモートトラッキングブランチ」が同じ状態になります。

    自分で「リモートトラッキングブランチ」を移動するような操作は必要ありませんし、勝手に移動するものでもありません。

  リモートトラッキングブランチの名称

    「リモートトラッキングブランチ」もブランチですから、ブランチ名を持ちます。
    このブランチ名は、自動的に設定されます。

    ブランチ名のフォーマットは、以下のようになります。


  リモートリポジトリー名/HEADについて

    クローン元の「HEAD」に対応した「リモートトラッキングブランチ」です。
    デフォルトだと、「origin/HEAD」になります。


    「HEAD」自身はブランチではありませんが、クローン時に「リモートリポジトリー」の「HEAD」が指すブランチの情報を保持しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション