kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リモートトラッキングブランチの例

  「リモートトラッキングブランチ」の例です。

  1.現在のリモートリポジトリー

    例として、クローン元の「リモートリポジトリー」は、以下のようになっています。


  2.リポジトリーのクローン

    「リモートリポジトリー」をクローンすると、「ローカルリポジトリー」は以下のようになります。
    ブランチ名に「origin/」が付いているブランチが、「リモートトラッキングブランチ」です。


  3.ローカルリポジトリーで作業を行う

    「ローカルリポジトリー」で以下のように作業を行いました。
    「Commit3」と「Commit4」が、「ローカルリポジトリー」で行った作業です。


  4.リモートリポジトリーが更新される

    他のユーザーによって、「リモートリポジトリー」が以下のように更新されました。
    「Commit8」と「Commit9」が、追加されています。


  5.リモートブランチとリモートトラッキングブランチの状態が異なる

    「リモートリポジトリー」の更新が自動的に「ローカルリポジトリー」に反映されることはありません。
    従って「ローカルリポジトリー」は、「3.」の状態のままです。

    ここで「リモートブランチ」と「リモートトラッキングブランチ」にズレが生じており、それぞれの「ブランチヘッド」が指す「コミットオブジェクト」が異なっています。

    「4.」の「リモートブランチ」の「ブランチヘッド」は「Commit9」を指しています。
    「3.」の「リモートトラッキングブランチ」の「ブランチヘッド」は「Commit4」を指しています。
 

  6.リモートリポジトリーからfetchする

    ここで「リモートリポジトリー」からfetchを行います。
    「ローカルリポジトリー」は、以下のようになります。


    「リモートリポジトリー」で行われたコミットがダウンロードされ、「リモートトラッキングブランチ」が更新されます。

複数のリモートリポジトリーを追加した場合

  1つの「ローカルリポジトリー」に複数の「リモートリポジトリー」を設定することができます。

  1.もう一つのリモートリポジトリー

    ここでは例として、以下の「リモートリポジトリー」を「ローカルリポジトリー」に追加します。


    「ローカルリポジトリー」の状態は、上記の「6.」の状態です。
    リモートリポジトリー名は、「another」とします。

  2.ローカルリポジトリーの状態

      「ローカルリポジトリー」は、以下のようになります。


    見ての通り、「another/HEAD」と「another/master」が追加されます。
    これらのブランチは、「リモートトラッキングブランチ」ブランチです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション