kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ミラーリポジトリー

  「ミラーリポジトリー」は、他のリポジトリーをミラーリングするリポジトリーです。


  リモートリポジトリーと同期可能

    「ミラーリポジトリー」は、「リモートリポジトリー」と同期することができます。
    また異なる「リモートリポジトリー」にリポジトリーの内容をすべてコピーすることもできます。

    「ミラーリポジトリー」は、リポジトリーが保持している以下の情報をミラーします。


  ミラーの活用

    「リモートリポジトリー」の情報が含まれているため、自分の「ローカルリポジトリー」で行った変更を、他の人に公開して確認してもらいたい時に利用できます。

    また「リモートリポジトリー」と同期できるため、定期的な同期を利用したリポジトリーのミラーリング(バックアップ)にも利用できます。

    加えて、ユーザーがアクセスする「リモートリポジトリー」を分散させることもできます。

  同期は自動的に行われない

    「リモートリポジトリー」と「ミラーリポジトリー」の同期は、自動的には行われません。
    定期的に同期を行いたいならば、cronで定期的にミラーを実行するなど、ユーザー側で対応する必要があります。

  ブランチやタグが上書きされる

    同期を行うということは、無条件にブランチタグの上書きが行われるということです。
    「ミラーリポジトリー」を作成するなら、ミラー元とミラー先の関係を正確に把握しておく必要があります。

    また、同期を行うタイミングに注意してください。
    同期するタイミングを間違えると、意図しない上書きが発生し、データの損失につながります。

    特に複数の「ミラーリポジトリー」を作成する時は、誤って上書きを行わないように注意してください。

ミラーリポジトリーの種類

  「ミラーリポジトリー」には、ミラー方法に応じて、以下の種類があります。

  • fetchのみミラー
  • pushのみミラー
  • fetch/pushのミラー

  fetchのみミラー

    fetchのみミラーを行います。
    fetchとは、「リモートリポジトリー」からデータを取得することです。


    「リモートリポジトリー」からfetchを行う際、「リモートリポジトリー」の情報が「ローカルリポジトリー」にコピーされます。

    「ローカルリポジトリー」の情報は、すべて上書きされます。
    「ローカルリポジトリー」に、「リモートリポジトリー」に存在しないブランチがあれば、そのブランチは削除されます。

  pushのみミラー

    pushのみミラーを行います。
    pushとは、「リモートリポジトリー」へデータを転送することです。


    「ローカルリポジトリー」から「リモートリポジトリー」にpushを行う際、「ローカルリポジトリー」の情報が「リモートリポジトリー」にコピーされます。

    「リモートリポジトリー」の情報は、すべて上書きされます。
    「リモートリポジトリー」に、「ローカルリポジトリー」に存在しないブランチがあれば、そのブランチは削除されます。

  fetch/pushのミラー

    fetch及びpushでミラーを行います。


    このタイプの「ミラーリポジトリー」は、「ベアリポジトリー」になります。
    また、このタイプの「ミラーリポジトリー」は、リポジトリーのクローン時に作成します。

    fetchもpushもミラーを行うため、同期を行うタイミングに注意してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション