kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

シャローリポジトリー(Shallow Repository)

  リポジトリーをクローンする際、デフォルトでは「リモートリポジトリー」にあるすべての「スナップショット」が「ローカルリポジトリー」にコピーされます。

  この時、「リモートリポジトリー」からコピー(取得)する「スナップショット」数を制限することができます。


  巨大なリポジトリーをクローンする時に有効

    取得する「スナップショット」数の制限は、特に巨大なリポジトリーをクローンする時に有効です。

    例えば、1000回コミットが行われたリポジトリーには、1000個の「スナップショット」が存在します。
    このようなリポジトリーをクローンした際、古い「スナップショット」を参照する機会はほとんど無いでしょう。

    取得する「スナップショット」数を制限してクローンすることで、クローンにかかる時間を節約できます。
    また、「ローカルリポジトリー」が消費するHDDの使用量も軽減できます。

  取得するスナップショットの数

    「リモートリポジトリー」から取得する「スナップショット」の数は、ブランチの「ブランチヘッド」が指す最新の「スナップショット」から数を数えます。

    例えば、取得する「スナップショット」数に「2」を指定すると、最新の「スナップショット」と一つ前の「スナップショット」を取得します。

  シャロークローン(Shallow Clone)

    上記のように、取得する「スナップショット」数を制限してクローンすることを、「シャロークローン」と表現します。

    「シャロークローン」のシャロー(shallow)とは、「浅い」という意味です。
 

  シャローリポジトリー(Shallow Repository)

    「シャローリポジトリー」とは、上記のように不完全な「スナップショット」群を持つリポジトリーのことです。

    「スナップショット」が不完全なので、履歴も不完全な履歴になります。

    もし「リモートリポジトリー」から取得していない過去の「スナップショット」が必要になった時は、いつでも「リモートリポジトリー」から取得することができます。

シャローリポジトリーの例

  シャローリポジトリーの例です。

  1.リモートリポジトリーのブランチ構成

     「リモートリポジトリー」のブランチ構成は、以下のようになっています。


  2.シャロークローン

     取得する「スナップショット」数に「2」を指定してクローンすると、以下のように「master」ブランチの「ブランチヘッド」が指す「スナップショット」から、2つ「スナップショット」を取得します。



  特定のブランチを指定した場合

    チェックアウトするブランチを指定した場合、そのブランチの「ブランチヘッド」が指す「スナップショット」から、指定された数の「スナップショット」を取得します。

    以下は、チェック後するブランチに「fix」を指定し、取得する「スナップショット」数に「3」を指定して、シャロークローンした場合です。


  すべてのブランチを指定した場合

    すべてのブランチの「ブランチヘッド」が指す「スナップショット」を取得することもできます。
    以下はすべてのブランチを対象にして、取得する「スナップショット」数に「2」を指定し、シャロークローンした場合です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション