kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リモートリポジトリーの詳細を表示する

  「リモートリポジトリー」の詳細を表示します。
  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

git remote show <リモートリポジトリー>

  リモートリポジトリー

    詳細を表示するリモートリポジトリー名か、リモートリポジトリーのアドレスを指定します。

    複数のリモートリポジトリーを指定することもできます。
    複数のリモートリポジトリーを指定する場合は、各リモートリポジトリーをスペースで区切って記述します。

  補足

    この方法で「リモートリポジトリー」の詳細を表示するには、「リモートリポジトリー」にアクセスできる必要があります。

    PCがネットワークに接続されていなかったり、「リモートリポジトリー」が配置されているサーバーに障害が発生している場合は、「リモートリポジトリー」の詳細を表示することができません。


    「リモートリポジトリー」にアクセスできない状況で「リモートリポジトリー」の詳細を表示するには、キャッシュから「リモートリポジトリー」の詳細を表示してください。

    キャッシュから「リモートリポジトリー」の詳細を表示する方法は、後述の「キャッシュからリモートリポジトリーの詳細を表示する」を参考にしてください。

コマンドの実行例

  「リモートリポジトリー」の詳細を表示します。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git remote show origin


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、指定した「リモートリポジトリー」の詳細が表示されます。


詳細情報について

  「リモートリポジトリー」の詳細には、以下の情報が表示されます。

  remote

    コマンドで指定したリモートリポジトリー名もしくは、リモートリポジトリーのアドレスが表示されます。
    ここでは例として、コマンドに「origin」を指定したため、「origin」と表示されています。

  Fetch URL

    fetchを実行した際にアクセスする、「リモートリポジトリー」のアドレスが表示されます。

  Push URL

    pushを実行した際にアクセスする、「リモートリポジトリー」のアドレスが表示されます。

  HEAD branch

    「リモートリポジトリー」の「HEAD」が指すブランチが表示されます。

  Remote branched

    「リモートリポジトリー」にあるブランチの一覧が表示されます。
    また、「リモートブランチ」と「リモートトラッキングブランチ」の関係が表示されます。

    new

       この「リモートブランチ」は、「ローカルリポジトリー」でトラッキングしておらず、次のfetch実行時にトラッキング対象になるブランチです。

    tracked

      この「リモートブランチ」は、「ローカルリポジトリー」でトラッキングしています。

    stale

      この「リモートブランチ」は、「ローカルリポジトリー」でトラッキングしていますが、「リモートリポジトリー」に存在していないブランチです。
 

    ???

      トラッキング状況は不明です。

  Local branch configured for 'git pull'

    pull実行時に、「ローカルリポジトリー」に反映する「リモートブランチ」と、結合方法(マージ、リベース)が表示されます。

  Local refs configured for 'git push'

    push実行時に、「リモートリポジトリー」に反映する「ローカルブランチ」などの参照と、push方法(通常のpush、上書き)が表示されます。

キャッシュからリモートリポジトリーの詳細を表示する

  キャッシュから「リモートリポジトリー」の詳細を表示します。

  「リモートリポジトリー」にアクセスできない状況では、キャッシュからリモートリポジトリーの詳細を表示するとよいでしょう。
  ただし、一部の情報は取得できません。

  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

git remote show -n <リモートリポジトリー>

  リモートリポジトリー

    詳細を表示するリモートリポジトリー名か、リモートリポジトリーのアドレスを指定します。

コマンドの実行例

  「リモートリポジトリー」の詳細を表示します。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git remote show -n origin


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、指定した「リモートリポジトリー」の詳細が表示されます。


    (status not queried)と表示されている項目は、情報が取得できなかった項目です。
    表示される内容は、上記の「リモートリポジトリーの詳細を表示する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション