kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コンフリクトマーカーのスタイルを指定して、マージコンフリクト発生時のファイルをチェックアウトする

  「コンフリクトマーカー」のスタイルを指定して、「マージコンフリクト」発生時のファイルをチェックアウトします。

  マージコンフリクト発生時のファイルの「チェックアウト」は、指定したファイルに対して再度3ウェイマージを実行するのと同じです。
  再度マージ作業をやり直すことができます。

コンフリクトマーカーのスタイル

  コンフリクトマーカーのスタイルには、以下の2種類があります。

  merge

    デフォルトのスタイルです。
    「コンフリクトマーカー」のスタイルを指定しない場合、このスタイルが使用されます。


  diff3

    diff3スタイルです。


コマンドの実行例

  ここでは例として、「diff3」スタイルを指定し、「マージコンフリクト」発生時のファイルをチェックアウトします。

  1.マージコンフリクトの状況

    ここで例として使用するマージコンフリクトの状況は、「マージコンフリクトが発生しているファイルを除いて、ステージングエリアから特定のファイルをワーキングディレクトリーに展開する」の「マージコンフリクトの状況」と同じです。

    「マージコンフリクト」が発生しているファイルは、「test.txt」ファイルです。


    「test.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  2.ワーキングディレクトリーの確認

    ここでは例として、「ワーキングディレクトリー」内の「test.txt」ファイルを削除しました。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--conflict=
  • merge
  • diff3

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットから、特定のプロジェクトのファイルをワーキングディレクトリーに展開するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git checkout --conflict=diff3 test.txt


  4.コマンドの実行結果

    問題がなければ、特にメッセージは表示されません。


  5.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」を確認すると、以下のように「test.txt」ファイルが「チェックアウト」されています。


    「test.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


     「コンフリクトマーカー」のスタイルが、「diff3」スタイルになっています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション