kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

差分の編集方法の紹介

  差分の編集方法の紹介です。

1.差分を無効にする

  行の頭に「#」を記述した行は、差分として扱われません。
  行を削除するのと同じです。

  1.差分の編集例

    「-」と「+」が付いている行の先頭に、「#」を記述しました。


  2.差分の適用

    上記の差分を適用すると、以下のようになります。


2.削除する行を無効にする

  行の頭に「+」が記述されている行は、ファイルから削除されます。
  「+」の記述をスペースに変更することで、ファイルから削除されなくなります。

  1.差分の編集例

    「+」が付いている行の先頭を、スペースに変更しました。


  2.差分の適用

    上記の差分を適用すると、以下のようになります。


3.既存の行を削除する

  行の頭に「+」を記述すると、その行はファイルから削除されます。

  1.差分の編集例

    「test2」と「test3」の行の先頭を、「+」に変更しました。


  2.差分の適用

    上記の差分を適用すると、以下のようになります。


4.追加する行の内容を編集する

  行の先頭に「-」が記述されている行の内容を編集することができます。

  1.差分の編集例

    「-」が記述されている行を、以下のように編集しました。


  2.差分の適用

    上記の差分を適用すると、以下のようになります。


5.新規に行を追加する

  行の先頭に「-」を記述した行を追加すると、新規に行が追加されます。

  1.差分の編集例

    「-」が記述されている行を、以下のように追加しました。


  2.差分の適用

    上記の差分を適用すると、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション