kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

タグを削除する

  「git tag」コマンドは、作成したタグを削除することもできます。


タグを削除するコマンドの説明

  タグを削除するコマンドの説明です。

  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

git tag <オプション> <タグ名>

  オプション(-d, --delete)

    削除を指定します。

  タグ名

    削除するタグのタグ名を指定します。
    スペース区切りで、複数のタグ名を指定できます。

コマンドの実行例

  タグを削除する例です。

  1.タグの確認

    現在作成されているタグの一覧を表示すると、以下のようになります。
    ここでは例として、「myTag」を削除します。


  2.タグの削除

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-d --delete
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --delete myTag


  3.タグの削除完了

    以下のように、削除されたタグのタグ名が表示されます。


  4.タグの確認

    タグの一覧を表示すると、「myTag」が削除されたことが分かります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション