kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カラム表示を制御して、タグの一覧を表示する

  カラム表示を制御して、タグの一覧を表示します。

  カラム表示を行うと、1行で複数のタグを表示します。
  カラム表示を行わないと、1行1タグで表示します。

  デフォルトでは、カラム表示を行いません。

  注意

    タグのメッセージを表示する場合、カラム表示オフでタグの一覧を表示する必要があります。

コマンドのオプション

  コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--column
  • always
  • never

  「always」を指定すると、カラム表示を行います。
  「never」を指定すると、カラム表示を行いません。

カラム表示を行うコマンドの実行例

  カラム表示を行うコマンドの実行例です。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグの一覧を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --column=always


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、カラム表示が有効になります。
    1行に複数のタグが表示されるようになります。


カラム表示を行わないコマンドの実行例

  カラム表示を行なわないコマンドの実行例です。
  「--column」オプションか「--no-column」オプションを指定します。

  1-1.コマンドの実行(--column)

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグの一覧を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --column=never


  1-2.コマンドの実行結果(--column)

    以下のように、カラム表示が無効になります。
    1行に1つのタグが表示されるようになります。


  2-1.コマンドの実行(--no-column)

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグの一覧を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --no-column


  2-2.コマンドの実行結果(--no-column)

    以下のように、カラム表示が無効になります。
    1行に1つのタグが表示されるようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション