kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

指定されたGitオブジェクトを指すタグのみ表示する

  指定された「Gitオブジェクト」を指すタグのみ表示します。

コマンドのオプション

  コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--points-at Gitオブジェクト

  オプションの値には、「Gitオブジェクト」を指定します。
  「Gitオブジェクト」を指す参照で指定することもでき、 以下の指定方法が利用できます。

  1. ブランチ名
  2. タグ名
  3. コミットオブジェクトの識別子
  4. HEAD

  1.ブランチ名

    ブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  2.タグ名

    タグが指す「Gitオブジェクト」を指定します。

  3.Gitオブジェクトの識別子

    直接「Gitオブジェクト」の識別子を指定します。
    Gitオブジェクトの識別子は、4文字以上の識別子を入力します。

  4.HEAD

    「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  ここでは例として、「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指しているタグのみ表示します。


  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグの一覧を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --points-at HEAD


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、指定された「Gitオブジェクト」を指すタグのみ表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション