kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Visual Studio Code

  「Visual Studio Code」は、開発向けのコードエディターです。


  クロスプラットフォームで提供されており、Windows、OS X、Linuxで利用できます。
  「Git」と連携する機能も組み込まれています。

  また、多くの言語に対応しており、コードの強調表示(シンタックスハイライト)が可能です。

  コードの強調表示及び括弧の自動補完に対応した言語


  • Batch
  • C++
  • Clojure
  • Coffee Script
  • DockerFile
  • F#
  • Go
  • Jade
  • Java
  • HandleBars
  • Ini
  • Lua
  • Makefile
  • Markdown
  • Objective-C
  • Perl
  • PHP
  • PowerShell
  • Python
  • R
  • Razor
  • Ruby
  • SQL
  • Visual Basic
  • XML

  上記に加えて、インテリセンスによる補完や検証に対応した言語


  • CSS
  • HTML
  • JavaScript
  • JSON
  • Less
  • Sass 

  さらに上記に加えて、リファクタリングや参照の検索に対応した言語


  • C#
  • TypeScript

Visual Studio Codeのインストール

  「Visual Studio Code」のインストールです。

  1.アーカイブのダウンロード

    「Visual Studio Code」を開き、「Download Code for Linux」をクリックします。


  2.ダウンロード完了

    適当なフォルダーにダウンロードします。


  3.アーカイブの展開

    アーカイブを展開します。
    ダウンロードした「VSCode-linux-x64.zip」を右クリックして「ここに展開」をクリックすればよいです。


  4.フォルダーの移動

    展開したフォルダーを適当な場所に移動します。
    ここでは例として、ユーザーのホームフォルダー直下に移動しました。


  5.Visual Studio Codeの実行

    「VSCode-linux-x64」フォルダーを開き、「Code」ファイルをダブルクリックします。


  6.Visual Studio Codeの起動

    以下のように、「Visual Studio Code」が起動します。


Dashから起動できるようにする

  Dashから「Visual Studio Code」を起動できるようにします。

  1.デスクトップエントリーファイルの作成

    「デスクトップエントリーファイル」を作成します。
    「テキストエディター」を起動し、以下の内容で「デスクトップエントリーファイル」を作成します。


[Desktop Entry]
Type=Application
Icon=/home/ubuntu/VSCode-linux-x64/resources/app/vso.png
Name=Visual Studio Code
Terminal=false
Exec=/home/ubuntu/VSCode-linux-x64/Code %f
Hidden=false
MimeType=application/javascript;text/css;text/html

    「Icon」エントリーと「Exec」エントリーは、上記の「4.」で配置したフォルダーのパスに合わせてください。

    「MimeType」エントリーは、必要に応じて追記してください。

  2.デスクトップエントリーファイルの保存

    ファイルを「~/.local/share/applications」に保存します。

    ファイル名は既存のファイルと重複しなければよいです。
    ここでは例として、ファイル名を「VisualStudioCode.desktop」にしました。


  3.Dashを開く

    Dashを開いて「Visual Studio Code」が表示されるか確認します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション