kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ステージングエリアにあるファイルと、ワーキングディレクトリーにあるファイルと、スナップショットにあるファイルの差分を表示する

    「ステージングエリア」にあるファイルと、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルと、「スナップショット」にあるファイルの差分を表示します。

  ここでは例として、「master.txt」ファイルに着目して、差分を表示します。

  1.スナップショットにあるmaster.txtファイルの中身

     「スナップショット」にある「master.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  2.ステージングエリアにあるmaster.txtファイルの中身

     「ステージングエリア」にある「master.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーにあるmaster.txtファイルの中身

     「ワーキングディレクトリー」にある「master.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  4.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-vv --verbose --verbose

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git status --verbose --verbose


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、まず「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの状態が表示され、続いて「ステージングエリア」にあるファイルと、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルと、「スナップショット」にあるファイルの差分が表示されます。


    diff --git c/master.txt i/master.txt

      「スナップショット」にあるファイルと、「ステージングエリア」にあるファイルの差分です。

    diff --git i/master.txt w/master.txt

      「ステージングエリア」にあるファイルと、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの差分です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション