kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

サブモジュールのパスを指定して、サブモジュールの状態を表示する

  「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定すると、その「サブモジュール」の状態を表示します。

  ワーキングディレクトリーの明示について

    オプションの記述方法によっては、「ワーキングディレクトリー」の指定が、別のオプションの指定として解釈されることがあります。

    このような状況では、「ワーキングディレクトリー」の前に「 -- 」を記述します。
    例えば、以下のような記述になります。

git submodule status -- mySubProject

  複数のワーキングディレクトリーを指定できる

    複数のワーキングディレクトリーを指定できます。
    各「ワーキングディレクトリー」のパスは、スペースで区切ります。

    例えば、以下のような記述になります。

git submodule status mySubProject mySubProject2

  パスにスペースが含まれる場合

     「ワーキングディレクトリー」のパスにスペースが含まれる場合は、パスを「'」で括ります。

    例えば、以下のような記述になります。

git submodule status 'my SubProject/my TestProject'

  ワイルドカードによるワーキングディレクトリーの指定も可能

    ワイルドカードを利用して、条件に合う「ワーキングディレクトリー」を指定することも可能です。

    利用できるワイルドカードは、「ワイルドカードを利用して、ステージングエリアにファイルを追加する(git add)」を参考にしてください。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.サブモジュールのワーキングディレクトリーの確認

    ここでは例として、以下の 「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」を指定ます。


    パスは、「mySubProject」です。

  2.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールの状態を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

 git submodule status mySubProject


  3.コマンドの実行結果

    以下のように、指定された「ワーキングディレクトリー」の「サブモジュール」の状態が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション