kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

サブモジュール初期化時に参照リポジトリーを指定して、サブモジュールを更新する

  「サブモジュール」初期化時に参照リポジトリーを指定して、「サブモジュール」を更新します。

  すでにクローン済みの「サブモジュール」に対して参照リポジトリーを指定しても、効果がありません。

  「参照リポジトリーを指定して、サブモジュールを追加する」も参考にしてください。

  1.参照リポジトリー

    ここでは例として、以下のリポジトリーを「参照リポジトリー」に指定します。
    「参照リポジトリー」のパスは、「~/Git/mySubProject」です。


  2.サブモジュールの状態

    「サブモジュール」の状態を見てみます。
    以下のように、「mySubProject」サブモジュールが配置されています。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--reference 参照リポジトリーのパス

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールを更新するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule update --init --reference ../mySubProject --checkout


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、「サブモジュール」の初期化とクローン及び、チェックアウトが行われます。


  5.alternatesファイル

    「参照リポジトリー」を指定したため、「サブモジュール」の「Gitディレクトリー」に「alternates」ファイルが生成されています。

    「alternates」ファイルの配置場所は、「~/Git/myCloneProject/.git/modules/mySubProject/objects/info」です。


  6.alternatesファイルの中身

     「alternates」ファイルの中身を見てみると、「参照リポジトリー」のパスが記述されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション