kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ステージングエリアに追加されているコミットIDと、サブモジュールのHEADが指すコミットオブジェクト間のサマリーを表示する

  「ステージングエリア」に追加されている「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」と、「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」間のサマリーを表示します。

  注意

    「--cached」オプションとの併用や「コミットオブジェクト」の指定はできません。

  1.コミットIDの確認

    現在の「コミットID」を確認すると、以下のようになっています。


    この後、「サブモジュール」で2回コミットを実行しました。

  2.コミットIDの更新

    「ステージングエリア」に「サブモジュール」を追加し、ここで「コミットID」を更新しました。


    「スーパープロジェクト」でコミットは実行していません。
    さらにこの後、「サブモジュール」で2回コミットを実行しました。

  3.ワーキングディレクトリーの状態 

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになります。


  4.サブモジュールのHEAD

    「サブモジュール」の「HEAD」は、「master」ブランチを指しています。


  5.コミットIDの確認

    現在の「コミットID」を確認すると、以下のようになっています。
    この「コミットID」は、「2.」で更新した「コミットID」です。


  6.コミットオブジェクトの構成とコミットID

    「master」ブランチの「コミットオブジェクト」の構成と「コミットID」を図にすると、以下のようになります。


  7.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--files

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールのコミットオブジェクト間のサマリーを表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule summary --files


  8.コマンドの実行結果

    以下のように、「ステージングエリア」に追加されている「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」と、「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」間のサマリーが表示されます。


    上図で言うところの、「Commit5」〜「Commit4」までのサマリーが表示されています。
    サマリーは、「HEAD」から「ステージングエリア」に追加されている「コミットID」に向かって表示されます。


  9.--filesオプションを指定しなかった場合

    参考までに「--files」オプションを指定しなかった場合、「1.」の「コミットID」が指す「コミットオブジェクト」と、「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」間のサマリーが表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション