kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コミットオブジェクトを指定して、コミットオブジェクト間のサマリーを表示する

  「コミットID」が含まれる「コミットオブジェクト」を指定して、コミットオブジェクト間のサマリーを表示します。

  デフォルトでは、以下のように「スーパープロジェクト」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」に含まれる「コミットID」が使用されます。


  以下のように、一つ前の「コミットオブジェクト」を指定することも可能です。
  コマンドの詳細は、「サブモジュールのコミットオブジェクト間のサマリーを表示するコマンドの説明」を参考にしてください。


  同様に、直接「コミットオブジェクト」の識別子を指定することも可能です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション