kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リリースノートからUbuntu 15.10の変更点をピックアップ

  リリースノートからUbuntu 15.10の変更点を見てみます。
  ここでは一般的なデスクトップユーザーに関係する内容を中心に、変更点をピックアップします。

  Ubuntu 15.10のリリースノートは、以下を参照してください。


  Ubuntuのフレーバーのリリースノートは、以下から参照してください。


  更新されたパッケージ

    Ubuntu 15.10では、様々なパッケージ(アプリやソフト)が更新されています。
    多くのパッケージは、Debianの不安定版(unstable branch)から自動取得していますが、Ubuntu 15.10向けに選別して取得したパッケージも存在します。

    Ubuntu 15.10で更新されたパッケージの一覧は、「wily-changes」を参考にしてください。
 

  Linux kernel 4.2

    Ubuntu 15.10では、Linux kernel 4.2をベースとしたLinux Kernelを採用しています。


    Ubuntu 15.04で採用していたLinux kernelのバージョンは3.19でした。


    従って、3回バージョンアップしていることになります。
    これにより、新しいハードウェアのサポートなど機能が追加されています。

  • 新しいRadeonグラフィックカードのサポート
  • Intel Broxtonのサポート
  • F2FSファイルシステムの暗号化のサポート
  • NV-DIMMのサポート

    Ubuntu 15.04からUbuntu 15.10までのLinux kernelの変更点は、以下を参考にしてください。


  Unity

    Unityでは多くの不具合修正を行っており、Dashの安定性が増しています。
    また、いくつか新機能を追加しています。
    ウィンドウメニュー(LIM)では、フォーカスがないウィンドウでも有効になります。


  Compiz

    不具合の修正と改善が行われています。
    MATEとCompizの組み合わせによる利用も、改善されています。

  Firefox

    Firefoxは、バージョンは41にアップデートされています。


  Chromium

    Chromiumは、バージョンは45にアップデートされています。


  LibreOffice

    LibreOfficeは、バージョンは5.0.2にアップデートされています。


     LibreOfficeのリリースノートは、「LibreOffice 5.0 Release Notes」を参考にしてください。

  その他

    MATEは1.10にアップデートされています。


    GNOMEは3.16がベースになっています。


    Blueman 2.0が利用でき、いくつかのフレーバーではBlueZ 5.35とともに利用します。

既知の不具合や注意点

  Ubuntu 15.10に関する既知の不具合や注意点です。

  VirtualboxにUbuntu 15.10をインストール後、仮想マシンが再起動しない

    VirtualboxにUbuntu 15.10をインストール後再起動時に、Ubuntu 15.10のディスクイメージが排出されますが、再起動を促される画面で「エンター」キーを押しても仮想マシンが再起動しません。


    Ubuntu 15.10のインストールが完了した後、仮想マシンをオフにして再度仮想マシンを起動してください。

    不具合の詳細は、「Shutdown/Restart of live session guest does not work in Virtualbox or VMWare」を参考にしてください。

  Mac向けのディスクイメージがamd64に統合された

    Mac向けのディスクイメージがamd64に統合されました。
    そのため、以前提供されていたMac向けのディスクイメージ(amd64+mac)は、提供されません。
    (ここでいうMacは、Intel CPUを採用したMacのことです。またamd64とは、PC向けのUbuntu 15.10 64bit版のことです。)

    ファームウェアが最新なら、EFIから直接amd64のディスクイメージからUbuntu 15.10を起動できます。
    もしMacでUbuntu 15.10が起動できない場合は、ファームウェアが最新の状態になっているか確認してください。

    最新のファームウェアで起動しない場合は、amd64のディスクイメージにパッチを充ててから、再度Ubuntuを起動してみてください。

    それでも起動しない場合は、Ubuntu 15.10 32bit版を使用してください。

  ブータブルUSBの作成

    Ubuntu 14.04以前で利用できる「ブータブルUSBの作成」では、Ubuntu 15.04以降のディスクイメージを使用してUSB起動ディスクを作成することができません。

    同様に、Ubuntu 15.04以降で利用できる「ブータブルUSBの作成」では、Ubuntu 14.04以前のディスクイメージを使用してUSB起動ディスクを作成することができないでしょう。

    「ブータブルUSBの作成」は、USBメモリを利用してUbuntuの起動ディスクを作成するアプリのことです。
    標準でインストールされています。


    この不具合の詳細は、以下を参考にしてください。


  強制的にUEFIでインストールするか確認する画面が表示される

    空のHDDにUbuntu 15.10をUEFIでインストールする際、ユーザーが自分でパーティションを作成する画面で、強制的にUEFIでインストールするか確認する画面が表示されます。


    HDD内に何もデータが存在していないにも関わらず表示される確認画面なので、この確認画面は無視してよいです。
    ただし、この画面を閉じることができず、インストールを続行することができません。

    事前に「gparted」等でEFIシステムパーティションを作成しておけば、この不具合を回避できます。

    この不具合の詳細は、「"Force UEFI" dialog displayed if user selects custom partitioning」を参考にしてください。

  DELL XPS 13でUbuntuが起動できない

    DELL XPS 13でUbuntu 15.10をインストールする際、インストーラーでディスクを削除してUbuntuをインストールすると、UEFIのブートマネージャーが期待するOSローダーが見つからないため、Ubuntuを起動できません。

    自分でUEFIのブートマネージャーにUbuntuのOSローダーを登録する必要があります。

    この不具合の詳細と回避策は、「EFI is wiped on wipe whole disk and install」を参考にしてください。

  ライブセッション上で自分でインストールしたドライバーはHDDにインストールされない

    ライブメディアから起動したUbuntu上(ライブセッション)で自分でインストールしたドライバーは、HDDにインストールしたUbuntuにインストールされません。


    Ubuntuインストール後、ライブメディアからドライバーをインストールしてください。


    この不具合の詳細は、「In a live session installing binary drivers, stops them from installing on the system」を参考にしてください。

  インストーラーのウィンドウの装飾がなくなる

    インストーラーのみ起動するモードでUbuntu 15.10をインストールする場合、ランダムに「unity-system-settings」がクラッシュします。

    インストーラーのみ起動するモードとは、ライブメディアからUbuntuを起動した時に「Install Ubuntu」を選択した時のモードです。


    この不具合により、インストーラーのウィンドウの装飾がなくなるなど、ウィンドウの見た目が変わってしまいますが、インストールに影響はありません。
    この現象が発生しても、そのままインストールを続行してください。

    この不具合の詳細は、「ubiquity only mode: close/minimize/restore are on the right edge」を参考にしてください

  アップグレード時にキーボードレイアウトが不正になる

    Ubuntu 15.04からUbuntu 15.10へアップグレードした際、一部のキーボードレイアウトでは、設定が引き継がれずに異なるキーボードレイアウトが設定されます。

    アップグレード後に、キーボードレイアウトを再設定してください。

    この不具合の詳細は、「Keyboard layout reset to en_US after an upgrade from Utopic to Vivid」を参考にしてください。

  Radeonのプロプライエタリードライバーが利用できない

    Radeonのプロプライエタリードライバーは、Linux Kernel 4.2と互換性がないため、Ubuntu 15.10でRadeonのプロプライエタリードライバーは利用できません。

    Ubuntu 15.04からUbuntu 15.10へアップグレードする人は、事前にRadeonのドライバーをオープンソースのドライバーに切り替えてから、Ubuntu 15.10へアップグレードしてください。


    新規にUbuntu 15.10をインストールする人は、オープンソースドライバーが使用されます。

    この不具合の詳細は、「FGLRX incompatible with kernel 4.2」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション