kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

VirtualBoxのカーネルモジュールの手動ビルドが動作しない現象

  Ubuntu + VirtualBox 5.0.8の一部の環境で、VirtualBoxのカーネルモジュールの手動ビルドが動作しない現象が報告されています。


  これはゲストOSで発生する現象ではなく、ホストOSで発生する現象です。

  手動ビルドの方法が変更された

    VirtualBox 5.0.8では、VirtualBoxのカーネルモジュールの手動ビルドの方法が変更されています。

    従来では、ホストにVirtualBoxのカーネルモジュールがインストールされていない状況で仮想マシンを起動しようとすると、以下のようにカーネルモジュールのインストールが促されます。


    VirtualBox 5.0.8でも同様にカーネルモジュールのインストールが促されますが、以下のようにビルド方法が変更されています。


Kernel driver not installed (rc=-1908)

The VirtualBox Linux kernel driver (vboxdrv) is either not loaded or there is a permission problem with /dev/vboxdrv. Please reinstall the kernel module by executing

'/sbin/vboxconfig'

as root. If it is available in your distribution, you should install the DKMS package first. This package keeps track of Linux kernel changes and recompiles the vboxdrv kernel module if necessary.

where: suplibOsInit what: 3 VERR_VM_DRIVER_NOT_INSTALLED (-1908) - The support driver is not installed. On linux, open returned ENOENT. 

手動ビルドする

  画面の案内に従い、手動ビルドしてみます。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo /sbin/vboxconfig


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、何も出力されません。


    この状態で仮想マシンを起動すると、上記のエラーが表示されます。
    従って、カーネルモジュールのビルド及びインストールが行われていない状態です。

一時的な回避策

  この現象を回避する方法です。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo /sbin/rcvboxdrv setup


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、カーネルモジュールのビルド及びインストールが行われます。


    ちなみにこの環境ではDKMSがインストールされており、カーネルモジュールの自動ビルドが行われるはずですが、動作していません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション