kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

エントリーを無効にする

  エントリーを無効にします。

  無効になったエントリーは、UEFIブートマネージャーに表示されなくなります。
  ただしエントリー自身は削除されないので、後でエントリーを有効にすることも可能です。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --inactive --bootnum 'エントリー番号'

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -A -b 'エントリー番号'

  --inactive 'エントリー番号'

    無効にするエントリーの番号を指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.UEFIブートマネージャーの状態

    現在のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


    ここでは例として、エントリー「Boot0004」を無効にします。

  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行してエントリーを無効にします。

sudo efibootmgr --inactive --bootnum 4


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「Boot0004」から「*」マークが削除されています。


    これでエントリー「Boot0004」が無効になりました。

  4.UEFIブートマネージャーの確認

    PCを再起動してUEFIブートマネージャーを確認すると、以下のように「Ubuntu2」が非表示になっています。


エントリーを有効にする

  無効になっているエントリーを有効にします。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --active --bootnum 'エントリー番号'

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -a -b 'エントリー番号'

  --active 'エントリー番号'

    有効にするエントリーの番号を指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.UEFIブートマネージャーの状態

    現在のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


    ここでは無効になっているエントリー「Boot0004」を有効にします。

  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行してエントリーを有効にします。

sudo efibootmgr --active --bootnum 4


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「Boot0004」に「*」マークが表示されています。


    これでエントリー「Boot0004」が有効になりました。

  4.UEFIブートマネージャーの確認

    PCを再起動してUEFIブートマネージャーを確認すると、以下のように「Ubuntu2」が表示されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション