kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

スライスを追加する

  スライスを追加します。
  スライスの追加は、「Gnome-Pie」の設定画面で行います。

  スライスとは

    スライスとは、パイの周辺に表示されるアイコン群のことです。


    パイ自身、他のパイの入れ子にすることでスライスになることも可能です。

  1.パイの選択

    「Pie Settings」ボタンをクリックし、スライスを追加したいパイを選択します。


  2.スライスの追加操作

    スライスの追加操作は、右側の既存のスライスが表示されるエリアで行います。


  スライスはアプリを起動するだけでなく、様々な機能を提供しています。
  スライスの追加方法は、以下の方法があります。

  • ファイルをドラッグ&ドロップして追加
  • 空のスライスを追加し、スライスの設定を行う

ファイルをドラッグ&ドロップして追加

  「Nautilus」等からファイルをドラッグ&ドロップしてスライス追加する方法です。

  デスクトップエントリーファイルをドロップすると、アプリを起動するスライスが追加されます。
  アプリ以外のファイルやフォルダーを追加すると、それらを開くスライスが追加されます。

  1.ファイルのドラッグ

    アプリを起動するスライスを追加する場合、Dashから起動したいアプリをドラッグすることができます。


    「Nautilus」から起動したいアプリのデスクトップエントリーファイルをドラッグしても良いです。
    デスクトップエントリーファイルは、「/usr/share/applications」にあります。


    ここでは例として、「Brasero」をドラッグします。

  2.ファイルのドロップ

    ドラッグしたファイルを、スライスを追加したい場所にドロップします。


  3.スライスの追加完了

    以下のように、ドロップした場所にスライスが追加されます。


空のスライスを追加して、スライスの設定を行う

  空のスライスを追加して、スライスの設定を行う方法です。

  1.追加位置の指定

    スライスを追加した場所にマウスカーソルを合わせます。
    以下のように「+」マークが表示されるので、「+」マークをクリックします。


  2.スライスの追加完了

    スライスが追加され、スライスの設定画面が表示されます。
    スライスの設定を行うと、以下のようにスライスが配置されます。


スライスを移動する

  スライスを移動します。

  1.スライスのドラッグ

    移動したいスラッグを掴んでドラッグします。


  2.ドロップ

    移動先にドロップします。


  3.移動完了

    以下のように、ドロップ先にスライスが移動します。


スライスを異なるパイに移動・コピーする

  スライスを異なるパイに移動・コピーします。

  1.スライスのドラッグ

    移動したいスラッグを掴んでドラッグします。


  2.パイの切り替え

    ドラッグしたまま移動・コピー先のパイ上にマウスカーソルを合わせます。


  3.ドロップ

    スライスを配置したい場所にスライスをドロップします。

    この時「シフト」キーを押しながらスライスをドロップすると、スライスが元のパイから移動します。
    キーを押さずにスライスをドロップすると、スライスがコピーされます。


  4.移動・コピー完了

    以下のように、ドロップ先にスライスが移動・コピーされます。

 

スライスを削除する

  スライスを削除します。

  1.スライスの削除

    削除したいスライスの右上にマウスカーソルを合わせます。
    以下のように削除マークが出るので、削除マークをクリックします。


  2.削除確認

    以下のように削除確認画面が表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。


  3.削除完了

    以下のようにスライスが削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション