kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コミット対象になるファイルの一覧を表示する

  コミット対象になるファイルの一覧を表示します。
  情報の表示だけで、実際にコミットは行われません。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


    「ステージングエリア」に「master.txt」ファイルが追加されており、「master.txt」ファイルがコミット対象のファイルであることが分かります。
    すなわち、コミットにより「master.txt」ファイルが「スナップショット」に反映されます。

  4.コマンドの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--dry-run

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git commit --dry-run


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、 コミット対象になるファイルの一覧が表示されます。
    表示される内容は、「3.」と同じです。


    「git status」で表示される内容と同じですが、オプションによりコミット対象になるファイルが変化する場合は、「--dry-run」オプションでコミット対象になるファイルの一覧を表示するとよいでしょう。

    表示される内容の見方は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示する」を参考にしてください。

オプションによりコミット対象になるファイルが変化する場合

  オプションによりコミット対象になるファイルが変化する例です。
  ここでは例として、「--all」オプションを指定します。
  「1.」から「3.」は上記と同じです。

  4.コマンドの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--dry-run

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git commit --all --dry-run


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、 コミット対象になるファイルの一覧が表示されます。
    表示される内容は、「3.」と異なっています。


    「ステージングエリア」に「master.txt」ファイルと「sample.txt」ファイルが追加されており、これらのファイルがコミット対象のファイルであることが分かります。

    「sample.txt」ファイルが 「ステージングエリア」に追加されていますが、実際にコミット処理は行われないため、上記のコマンドを実行しても「sample.txt」ファイルは 「ステージングエリア」に追加されません。

    表示される内容の見方は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション