kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

VirtualBox 5.0.12がリリースされました

  2015/12/18にVirtualBox 5.0.12がリリースされました。


  VirtualBoxのリポジトリーを利用している人は、「ソフトウェアの更新」で「VirtualBox 5.0.12」にアップデートできます。


  「VirtualBox 5.0.12」にアップデートする時は、必ず事前に「VirtualBox」が起動していないことを確認してください。
  さもないと、アップデートに失敗します。

  VirtualBox拡張パックのインストール

    「VirtualBox」アップデート後に「VirtualBox」を起動すると、VirtualBox拡張パックのインストールが促されます。


    VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。
    画面の案内に従い、VirtualBox拡張パックをインストールしておきます。

VirtualBox 5.0.12の変更点

  VirtualBox 5.0.12の変更点は、「ChangeLog」を参考にしてください。
  今回のリリースはメンテナンスリリースなので、不具合の修正が主な変更点になります。

  • USB3.0の不具合修正
  • BIOSでLBA64のサポート 
  • UEFI + Windows 10仮想マシンの改善
  • オーディオ周りの不具合修正 
  • RHEL 7.2利用時の不具合修正
  • カーネルモジュールのビルドを促すメッセージの修正 
  • PCIパススルーの動作改善
  • 共有フォルダーの動作改善

仮想マシンにUbuntu 15.10をインストール

  ホスト「Ubuntu 15.10 64bit」 + 仮想マシン「Ubuntu 15.10 64bit」の環境に、「Guest Additions」をインストールして利用してみましたが、現状特に問題は起きていません。


  Unityも3Dアクセラレーションが有効な状態で動作しています。


Guest Additionsをインストールし、3Dアクセラレーションを有効にしておく

  仮想マシンにUbuntuをインストールした後やVirtualBoxをアップデートした後は、忘れずに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。


  「Guest Additions」のインストール状況は、「セッション情報」から確認できます。


    また、仮想マシンの設定で3Dアクセラレーションを有効にしておきましょう。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション