kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ホームポジションとキー入力の練習

  基本コースでは、「ホームポジション」とキー入力の練習を行います。


  このコースでどのキーをどの指で押すのか習得しましょう。
  また、「ホームポジション」を維持する練習も行いましょう。

  1.基本コース画面の表示

    メインメニューで「Basic course」をクリックします。


  2.基本コース画面

    以下のように、基本コース画面が表示されます。    


    まず上記のように、このコースの情報が表示されます。
    メッセージを意訳すると、以下のようになります。

基本コースでは、画面に表示された文字を読み、その文字に対応したキーを押します。
両手は常にホームポジションに置くことを忘れないでください。

各レッスンで表示される文字は、限られた文字群だけです。
文字群は画面の左上に表示されます。
「スペース」キーや「Shift」キー及び「エンター」キーは文字群に表示されませんが、これらのキーも使用します。

文字群をランダムに表示するので、その文字を入力していきます。
また必要であれば、自分で文字群を指定しタイピングの練習を行うこともできます。

  メインメニューに戻るには

    メインメニューに戻るには、画面右下の「Back to menu」ボタンをクリックします。


レッスンの種類について

  デフォルトでは、43種類のレッスンが用意されています。
  現在のレッスンは、画面右上に表示されます。


  初めてこのコースを利用する人は、レッスン1から順番にレッスンをこなしていくと良いでしょう。

  また、自分でレッスンを作成することも可能です。
  自分レッスンを作成する方法は、後述します。

レッスンを開始する

  レッスンを開始します。

  レッスンを選択してレッスンを開始するには

    レッスンを選択してレッスンを開始するには、画面右上の「Lesson」で開始したいレッスンの番号を選択します。


    「ー」ボタンや「+」ボタンでレッスンを選択します。
    レッスンを選択すると、以下のように選択したレッスンが開始されます。


  現在のレッスンでレッスンを開始するには

    現在のレッスンでレッスンを開始するには、「Press any key to start the exercise.」テキストボックスでキーを押します。


    もしくは、「Course information」ボタンをクリックします。


    以下のように、現在のレッスンでレッスンが開始されます。


レッスンの受け方

  レッスンの受け方です。
  レッスンを開始したら、画面に表示されている文字を入力していきます。

  レッスンのポイント

    レッスンのポイントです。
    「ホームポジション」の維持を心がけましょう。

    画面に表示されている文字通りに入力していく必要があるため、「スペース」キーや「エンター」キーの入力、大文字のアルファベット入力時は「シフト」キー押しながらキーを押すことも忘れないでください。
   
    「¶」記号は、「エンター」キー(改行)を表します。

    文字を速く入力するよりも、正確に文字を入力することを心がけてください。
    このコースの狙いは、押すキーとキーを押す指の関係を習得することです。

  1.キーと指の関係

    キーとそのキーを押す指の関係は、以下のようになります。


番号
1 左手の小指
2 左手の薬指
3 左手の中指
4 左手の人差し指
5 右手の人差し指
6 右手の中指
7 右手の薬指
8 右手の小指
9 親指

  2.入力する文字

    入力する文字は、黄色のカーソルが点滅している文字です。
    例えば以下の画面では、黄色のカーソルが点滅している文字が「f」なので、「f」キーを押します。
 

  3.正しい文字を入力した場合

    正しい文字を入力した場合、その文字の色が青緑色に変わります。


  4.間違った文字を入力した場合

    間違った文字を入力した場合、その文字の色が赤色に変わります。


    「BackSpace」キーを押して1文字戻って修正することはできないため、キーを押し間違えてもそのまま続行してください。

  5.レッスンで入力した文字の一覧

    レッスンで入力した文字は、画面左下のテキストボックスに表示されます。


  6.レッスンで使用する文字の一覧

    レッスンで使用する文字は、画面右上の「Keys」に表示されます。


    このレッスンの場合、「f」文字と「j」文字のみ使用する、という意味になります。
    ただしこの「Keys」に、スペースや改行などの空白文字や「シフト」キーは含まれません。
    必要に応じてそれらのキーも使用・併用してください。

レッスン終了

  最後まで文字を入力すると、レッスン終了です。
  レッスンが終了すると、以下のようにレッスンの結果が表示されます。


  Elapsed time

    レッスンにかかった時間です。

  Error ratio

    入力を間違えた文字数が以下のフォーマットで表示されます。

間違えた文字数/総文字数

  Accuracy

    正確に入力できた文字の割合です。
    以下の計算になります。
   
正しく入力した文字数/総文字数*100(%)

  Goal

    上記の「Accuracy」が「Goal」の値を超えれば、レッスン合格です。
    レッスンが不合格だった場合、「Accuracy」が赤文字で表示されます。


    再チャレンジすると良いでしょう。

  Comments

    レッスン結果に対するコメントです。
    意訳すると、「やったぜ!次のレッスンへ進もう!」です。

    「エンター」キーを押すと、次のレッスンへ進みます。

レッスンを中止するには

  途中でレッスンを辞めることもできます。

  1.コース情報画面に戻る

    画面左下の「Course information」ボタンをクリックします。


  2.コース情報画面

    以下のように、コース情報画面に戻ります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション