kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

基本コースで学んだ内容が習得できているかテストする

  「基本コース」では、予め決められたキーの組み合わせでタイピングの練習を行いました。
  このコースでは、ランダムに表示された文字を入力していきます。


  「基本コース」と異なり、どのキーをどの指で押すのかといった情報は表示されません。
  「基本コース」で習得したキーとそのキー押す指を把握しているかどうかが試されます。

  1.Adaptability画面の表示

    メインメニューで「Adaptability」をクリックします。


  2.Adaptability画面

    以下のように、Adaptability画面が表示されます。    


    まず上記のように、このコースの情報が表示されます。
    メッセージを意訳すると、以下のようになります。

このコースでは、ランダムな文字から構成された単語が表示されます。
このコースの目的は、キーとそのキー押す指の関係を記憶や指に定着させることです。

レッスンは、特定の言語や特定のキーボードに依存しない内容になっています。
Àのようなアクセント付き文字は使用しません。

英文のタイピングを練習したい場合は、Fluidityコースを選択してください。

レッスン終了後は、レッスン結果とコメントが表示されます。

  メインメニューに戻るには

    メインメニューに戻るには、画面右下の「Back to menu」ボタンをクリックします。


レッスンを開始する

  レッスンを開始します。

  1.レッスンを開始する

    「Press any key to start the exercise.」テキストボックスでキーを押します。


    もしくは、「Course information」ボタンをクリックします。


  2.レッスン開始

    以下のようにレッスンが始まります。


レッスンの受け方

  レッスンの受け方です。
  レッスンを開始したら、画面に表示されている文字を入力していきます。

  レッスンのポイント

    レッスンのポイントです。
    「ホームポジション」の維持を心がけましょう。

    画面に表示されている文字通りに入力していく必要があるため、「スペース」キーや「エンター」キーの入力、大文字のアルファベット入力時は「シフト」キー押しながらキーを押すことも忘れないでください。
   
    「¶」記号は、「エンター」キー(改行)を表します。

    文字を速く入力するよりも、正確に文字を入力することを心がけてください。
    このコースの狙いは、押すキーとキーを押す指の関係を記憶や指に定着させることです。

  1.キーと指の関係

    キーとそのキーを押す指の関係は、以下のようになります。


番号
1 左手の小指
2 左手の薬指
3 左手の中指
4 左手の人差し指
5 右手の人差し指
6 右手の中指
7 右手の薬指
8 右手の小指
9 親指

  2.入力する文字

    入力する文字は、黄色のカーソルが点滅している文字です。
    例えば以下の画面では、黄色のカーソルが点滅している文字が「Q」なので、「Shift + q」キーを押します。


  3.正しい文字を入力した場合

    正しい文字を入力した場合、その文字の色が青緑色に変わります。


  4.間違った文字を入力した場合

    間違った文字を入力した場合、その文字の色が赤色に変わります。


    「BackSpace」キーを押して1文字戻って修正することはできないため、キーを押し間違えてもそのまま続行してください。

  5.レッスンで入力した文字の一覧

    レッスンで入力した文字は、画面左下のテキストボックスに表示されます。


レッスン終了

  最後まで文字を入力すると、レッスン終了です。
  レッスンが終了すると、以下のようにレッスンの結果が表示されます。


  Elapsed time

    レッスンにかかった時間です。

  Error ratio

    入力を間違えた文字数が以下のフォーマットで表示されます。

間違えた文字数/総文字数

  Accuracy

    正確に入力できた文字の割合です。
    以下の計算になります。
   
正しく入力した文字数/総文字数*100(%)

  Goal

    上記の「Accuracy」が「Goal」の値を超えれば、レッスン合格です。
    見ての通り、ゴールは結構厳しいです。

    レッスンが不合格だった場合、「Accuracy」が赤文字で表示されます。


  Comments

    レッスン結果に対するコメントです。
    意訳すると、「よく出来ました合格です!次のコースへ進んでキーを押す速さを向上させましょう!」です。

    「エンター」キーを押すと、次のレッスンへ進みます。

レッスンを中止するには

  途中でレッスンを辞めることもできます。

  1.コース情報画面に戻る

    画面左下の「Course information」ボタンをクリックします。


  2.コース情報画面

    以下のように、コース情報画面に戻ります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション