kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ミュージックライブラリーソース

  ミュージックライブラリーソースは、HDDにある音楽ファイルの管理や再生を行うライブラリーソースです。

  ライブラリーでミュージックを選択すると、ミュージックライブラリーソースに登録されている音楽ファイルが右側に表示されます。


ミュージックライブラリーソースのUI構成

  ミュージックライブラリーソースのUI構成です。


  1.編集

    アイテムを編集するメニューを表示します。

  2.参照

    アーティストやアルバム名で表示する曲をフィルタリングするブラウザー画面を表示します。
    ブラウザー画面を閉じる時もこのボタンをクリックします。

  3.すべて表示

    「参照」で行ったフィルタリングを解除し、すべての曲を表示します。

  4.インポート

    HDDにある曲をミュージックライブラリーソースに追加します。

  5.すべての項目を検索 

    ミュージックライブラリーソースに登録されている曲の中から条件に合う曲を検索します。

  6.曲の再生状態

    曲が再生中なら「▶」が表示され、一時停止中ならポーズマークが表示されます。

  7.タイトル

    曲のタイトルが表示されます。
    曲のタイトルは音楽ファイルのタグデータから取得します。

  8.アーティスト

    曲のアーティストが表示されます。
    曲のアーティストは音楽ファイルのタグデータから取得します。

  9.アルバム名

    曲のアルバム名が表示されます。
    曲のアルバム名は音楽ファイルのタグデータから取得します。

  曲のソートについて

    「タイトル」や「アーティスト」など列のタイトルをクリックすると、それぞれの情報を元に昇順・降順で曲のソートを行います。


    現在ソートが行われている列には、上記のように昇順・降順を表すマークが表示されます。

  列幅の調整について

    各列の区切りをドラッグ&ドロップすると、列幅を調整できます。

ミュージックライブラリーソースに音楽ファイルを追加する

  ミュージックライブラリーソースに音楽ファイルを追加します。

  1.インポート画面の表示

    「インポート」をクリックし、インポート画面を表示します。


    もしくはファイルメニューから「楽曲の追加」をクリックするか、「Ctrl + O」キーを押します。


  2.音楽ファイルの検出

    選択されているフォルダーから音楽ファイルの検出が行われ、検出された音楽ファイルが一覧に表示されます。
    各列のタイトルをクリックすれば、曲の並び替えが可能です。


    「ライブラリに追加する楽曲ファイルの場所を選択してください」右側のボタンをクリックすれば、音楽ファイルを検出するフォルダーを変更できます。
    メニューから「その他」をクリックすれば、任意のフォルダーを指定できます。


    再帰的に検出が行われる

      フォルダーから音楽ファイルを検出する際、「ライブラリに追加する楽曲ファイルの場所を選択してください」で選択されているフォルダーのサブフォルダー以下の音楽ファイルも再帰的に検出されます。

    すでに登録されている音楽ファイルは一覧に表示されない

      すでに「ミュージックライブラリーソース」に登録されている音楽ファイルは、一覧に表示されません。

  3.音楽ファイルの選択

    「ミュージックライブラリーソース」に追加する音楽ファイルを選択します。


    複数の音楽ファイルを選択する時は

      複数の音楽ファイルを選択する時は、「Ctrl」キーを押しながら音楽ファイルをクリックします。

    複数の音楽ファイルを範囲で選択する時は

      複数の音楽ファイルを範囲で選択する時は、「Shift」キーを押しながら音楽ファイルをクリックします。

  4.音楽ファイルのコピーの設定

     「ミュージックライブラリーソース」は、音楽ファイルの管理に使用する専用のフォルダーを1つ持っています。
    デフォルトでは、このフォルダーのパスは「~/ミュージック」になります。

    「音楽ライブラリの外部ファイルのファイルをコピーする」設定では、選択した音楽ファイルが音楽ファイルの管理に使用するフォルダー以外にあった場合、選択したファイルを音楽ファイルの管理に使用するフォルダーにコピーするかどうかを指定します。


    チェックをオンにすると、選択した音楽ファイルが音楽ファイルの管理に使用するフォルダー以外にあった場合、選択したファイルを音楽ファイルの管理に使用するフォルダーにコピーし、その音楽ファイルを「ミュージックライブラリーソース」に追加します。

  5.音楽ファイルの追加

     「選択した◯件のトラックをインポートする」ボタンをクリックします。
  

  6.音楽ファイルの追加完了

    音楽ファイルを追加すると、追加した音楽ファイルが一覧から削除されます。
    引き続き音楽ファイルの追加を行うことができます。


  7.インポート画面を閉じる

    音楽ファイルの追加作業が終わったら、「閉じる」ボタンをクリックしてインポート画面を閉じます。


  8.ミュージックライブラリーソース

    インポート画面を閉じると、以下のように「ミュージックライブラリーソース」に音楽ファイルが追加されています。


Nautilusミュージックライブラリーソースに音楽ファイルを追加する

  「Nautilus」から「ミュージックライブラリーソース」に音楽ファイルを追加することもできます。

  1.音楽ファイルのドラッグ&ドロップ

     追加したい音楽ファイルを「ミュージックライブラリーソース」の音楽ファイル一覧にドラッグ&ドロップします。


    フォルダーをドラッグ&ドロップすると、そのフォルダー内の音楽ファイルがサブフォルダー以下も含め再帰的に追加されます。

  2.音楽ファイルの追加完了

    以下のように、音楽ファイルが「ミュージックライブラリーソース」に追加されます。


    すでに「ミュージックライブラリーソース」に登録されている音楽ファイルは、登録がスキップされます。
    重複して音楽ファイルが登録されることはありません。

  ドラッグ&ドロップによる追加がうまく機能しない時は

    インポート画面で操作した後、ドラッグ&ドロップによる音楽ファイルの追加がうまく機能しない時があります。
    このような時は「Rhythmbox」を再起動し、インポート画面を開く前にドラッグ&ドロップを行ってください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション