kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カバーアート検索プラグイン

  カバーアート検索プラグインは、曲のアルバムジャケットを設定するプラグインです。


  補足

    ユーザーが「Rhythmbox」上で曲に設定したカバーアートの情報は、「Rhythmbox」で保持されます。

    音楽ファイルにカバーアートの情報は反映されません。
    「Rhythmbox」から曲を削除すると、その曲に設定したカバーアートの情報は「Rhythmbox」から削除されます。

カバーアート

  曲に設定したカバーアート は、画面上部に表示されます。
  現在再生中の曲のカバーアートが表示されます。


  カバーアートの拡大表示

    カバーアート上にマウスカーソルを移動すると、以下のようにカバーアートが拡大表示されます。


  カバーアートをアプリで開く

    カバーアートをダブルクリックすると、カバーアートを「画像ビューアー」で開きます。


  カバーアートの設定

    このプラグインを有効にすると、曲のプロパティー画面に「アルバムアート」のタブが追加されます。
    ここからカバーアートを設定できます。


アルバムアートのUI構成

  アルバムアートのUI構成です。


  1.カバーアート

    現在曲に設定されているカバーアートです。
    カバーアートは、同じアーティスト及び同じアルバムの曲で共有します。

  2.クリア

    カバーアートを削除します。

  3.取得

    カバーアートを検索します。

  4.参照

    カバーアートに使用する画像を指定します。
    ボタンをクリックすると以下のように画像ファイル選択画面が表示されるので、カバーアートに使用する画像ファイルを選択し「選択」ボタンをクリックします。


カバーアートの検索について

  カバーアートの検索は、以下の方法で検索します。

  キャッシュされているカバーアート

    「Rhythmbox」は、以前取得したカバーアートをキャッシュする機能があります。
    このキャッシュされたカバーアートから、カバーアートを検索します。

  埋め込まれているカバーアート

    音楽ファイルに埋め込まれているカバーアートを取得します。

  ローカルフォルダーのカバーアート

    音楽ファイルが配置されているフォルダー内のファイルから、カバーアートを検索します。

    以下のファイル名である画像ファイルは、カバーアートとして扱われます。

  • cover
  • album
  • albumart
  • front
  • .folder
  • folder

    また、ファイル名にアーティスト名とアルバム名を含む画像ファイルも、カバーアートとして扱われます。
    さらに、音楽ファイルと同名のファイル名(拡張子除く)である画像ファイルも、カバーアートとして扱われます。

  MusicBrainzインターネットプロバイダー

    MusicBrainz(http://musicbrainz.org)からカバーアートを検索します。

  Last FMインターネットプロバイダー

    Last FM(http://ws.audioscrobbler.com)からカバーアートを検索します。

コンテキストペインプラグイン

  コンテキストペインプラグインは、曲の情報を表示するプラグインです。


  コンテキストペイン

    コンテキストペインは、画面の右側に表示されます。


    コンテキストペインの表示・非表示の切り替えは、「表示」メニューの「コンテキスト」をクリックすれば切り替えられます。


コンテキストペインのUI構成

  コンテキストペインのUI構成です。


  1.アーティスト

    Last.fmから取得したアーティストの情報を表示します。
    事前に「Last.fmプラグイン」を有効にしてLast.fmにログインしておく必要があります。


  2.アルバム名

    Last.fmから取得したアルバムの情報を表示します。
    事前に「Last.fmプラグイン」を有効にしてLast.fmにログインしておく必要があります。


  3.歌詞

    曲の歌詞を表示します。


  4.リンク

    アーティストとアルバムに関するリンクを表示します。


    各リンクをクリックすれば、ブラウザーが起動しリンク先のページを開きます。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション