kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntuデスクトップ 32bit版

  ここで紹介する32bitとは、x86アーキテクチャーのことです。

  x86アーキテクチャーは、IntelやAMDのCPUで採用されているアーキテクチャーです。
  いわゆる32bit CPUです。

  一方、IntelやAMDのCPUで採用されている64bitのアーキテクチャーは、x86_64です。
  もう何年も前から、販売されているデスクトップPCやノートPCは64bitへ移行しています。
  

  64bit版が推奨されている

    現在Ubuntuデスクトップでは、x86_64アーキテクチャー向けのUbuntuデスクトップ 64bit版を推奨しています。


    いずれのバーションも右側の「Choose your flavour」を見ると、「64-bit — recommended(推奨)」となっています。
    一方32bit版は、「32-bit — for machines with less than 2GB RAM」となっています。

  Ubuntu 日本語 Remixは64bit版のみリリースされている

    Ubuntu Japanese Teamで配布している「Ubuntu 日本語 Remix」は、「Ubuntu 14.10」以降、64bit版のみリリースが行われています。


  64bit版のUbuntuでも32bit版のアプリは動作する

    現状Skype等32bit版しかリリースされていないアプリでも、Multi-Archという仕組みにより、64bit版のUbuntuで32bit版のアプリを動作させることができます。

Ubuntuデスクトップ 32bit版は役目を終えつつあるのではないか?

  Ubuntuの開発者向けのメーリングリストで「Ubuntu Desktop on i386」と題するメールが投稿されています。

Multi-Archを利用して動作しているSkype等の32bit版のアプリを、各メーカーに64bit版に移植してもらうよう、働きかけることはできないだろうか?
もしすべてのアプリが64bitに移行できれば、ソフトウェアを64bitに一本化できる。

私が思うに、現在販売されているすべてのハードウェアは64bitに対応しており、Unity 7を十分なパフォーマンスで動作させることができる。
ハードウェアの検証も64bit版のソフトウェアで行われている。

2016年現在、64bitに対応していないハードウェアでは、Unity 7を満足に動作させるだけの性能は望めない。
32bitのハードウェアを所有しているユーザーは、UbuntuではなくLubuntu等軽量なフレーバーを利用しているだろう。

このような状況の中で、Ubuntu 32bit版のディスクイメージを作成し、Ubuntu 32bit版のテストや検証を64bitのハードウェアで行う意味はあるのだろうか?
この作業は無駄な作業に思える。

私見だけど32bit版のソフトウェアのテストは、32bit版しかないSkype等のアプリ及びそのアプリが要求するライブラリーだけに留めておいて、Ubuntu 32bit版のディスクイメージのリリースを辞めたほうがいいと思う。

32bit版のビルドや検証、32bit版のディスクイメージのリリースは各フレーバーに任せ、かつ、リポジトリーは変更しないやり方はどうだろうか。

  これはあくまでも提案であり、決定ではありません。
  また「Ubuntu 16.04」では、α2リリースでも紹介した通りUbuntu 32bit版のディスクイメージが提供されています。
  Ubuntuデスクトップ32bit版がなくなるにしても、もうすこし先の話だと思われます。

  参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション