kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カーネルモジュールのビルドに失敗する問題

  VirtualBox 5.0.14でカーネルモジュールのビルドに失敗する問題が報告されています。


  環境によっては、ホスト側のLinux Kernelをアップデート後仮想マシンを起動しようとすると、以下のエラーメッセージが表示されます。


Kernel driver not installed (rc=-1908)

The VirtualBox Linux kernel driver (vboxdrv) is either not loaded or there is a permission problem with /dev/vboxdrv. Please reinstall the kernel module by executing

'/sbin/rcvboxdrv setup'

as root. If it is available in your distribution, you should install the DKMS package first. This package keeps track of Linux kernel changes and recompiles the vboxdrv kernel module if necessary.

where: suplibOsInit what: 3 VERR_VM_DRIVER_NOT_INSTALLED (-1908) - The support driver is not installed. On linux, open returned ENOENT. 


  エラーメッセージに表示されている通り、VirtualBoxのカーネルモジュールのビルドを行う必要があります
  「端末」を起動し、エラーメッセージに従い以下のコマンドを実行してみます。

sudo /sbin/rcvboxdrv setup


  「Bad argument setup」と表示され、カーネルモジュールのビルドが行われません。

回避策

  このバグが修正されるまでは、以下の方法でカーネルモジュールのビルドを行います。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

sudo /usr/lib/virtualbox/vboxdrv.sh setup


  2.カーネルモジュールのビルド

    以下のように、カーネルモジュールのビルドが行われます。


    以上で完了です。
    後はいつも通り仮想マシンを起動してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション