kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Easystrokeの設定

  「設定」タブでは、「Easystroke」の設定を行います。


動作

  「Easystroke」の動作に関する設定です。

  ジェスチャボタン

    ジェスチャーを行うボタンの設定を行います。
    ここで指定したボタンを押しながらストロークを描くと、それに対応したアクションが実行されます。
    「ジェスチャーボタンを設定するには」を参考にしてください。

  さらに追加するボタン

    デフォルトではジェスチャーに使うボタンは1つですが、必要に応じて複数のボタンをジェスチャーに利用できます。
    「ジェスチャーボタンを設定するには」を参考にしてください。

  タイムアウトのプロファイル 

    ジェスチャー操作は、ジェスチャーボタンで設定したボタンを押した後、一定時間経過するかジェスチャーボタンを離すと、描いたジェスチャーが認識されます。
    このジェスチャーを認識するまでの時間をメニューから選択します。

    「タイムアウトなし」を選択すると、ジェスチャーボタンを離すまでジェスチャーの認識を待ちます。
     「長め」から「フリック」に向かうに連れ、ジェスチャーの認識を待つまでの時間が短くなります。
    言い換えると、ジェスチャー操作可能な時間が短くなります。

外観

  見た目に関する設定を行います。

  ジェスチャを表示する方法

    ジェスチャーの描画方法をメニューから選択します。
    「何もしない」を選択すると、ジェスチャーの描画が行われなくなります。
    「何もしない」か「デフォルト」しか動作しませんでした。

  色

    描画するジェスチャーの色を選択します。
    カラーボタンをクリックすると色選択画面が表示されるので、色を選択します。

  幅

    描画するジェスチャーの線の幅を指定します。

  ポップアップを表示

    ジャスチャーからアクションが識別できた時は、そのアクションを実行します。
    チェックをオンにすると、識別できたアクションを表示します。


    チェックをオフにすると、識別できたアクションを表示しません。

  to the right of the cursor

    チェックをオンにすると、ポップアップをカーソルの右側に表示します。
    チェックをオフにすると、ポップアップをカーソルの左側に表示します。

  トレイアイコンを表示

    インジケーターを表示します。
    Ubuntuでは動作しません。

  最後のジェスチャをトレイに表示

    インジケーターに最後に行ったジェスチャーを表示します。
    Ubuntuでは動作しません。

  Easystrokeを自動起動

    チェックをオンにすると、ログイン時に「Easystroke」を自動的に起動します。

例外

  アプリによってジェスチャーの操作方法を変えたい場合は、ジェスチャーの操作方法を例外設定で指定します。

  例外の追加は、以下の方法で行います。

  1.アプリの起動

    アプリを起動してアプリのウィンドウを表示しておきます。

  2.例外の追加

    「例外を追加」ボタンをクリックします。


  3.アプリの選択

    カーソルの形状が「+」に変わるので、アプリのウィンドウをクリックします。


  4.例外の追加完了

    以下のように、アプリに対応した例外が追加されます。


    デフォルトでは、ジェスチャーを無効にする設定が行われます。

例外のジェスチャーボタンを設定するには

  例外のジェスチャーボタンを設定する方法です。

  1.例外の選択

    ジェスチャーボタンの設定を行いたい例外の「ボタン」列の項目をクリックします。


  2.ジェスチャーボタンの設定

    以下の画面が表示されるので、「ジェスチャーボタンを設定するには」を参考にしてジェスチャーボタンの設定を行います。


  3.設定完了

    以下のように、ジェスチャーボタンの設定が行われます。


例外のジェスチャー操作を無効にするには

  例外のジェスチャー操作を無効する方法です。
  ジェスチャー操作が無効になったアプリのウィンドウ上では、ジェスチャー操作を行ってもアクションは実行されません。

  1.ジェスチャーボタンの設定画面の表示

    ジェスチャーボタンの操作を無効にしたい例外の「ボタン」列の項目をクリックします。


  2.ジェスチャーの無効化

    設定画面左上の「デフォルト」ボタンをクリックします。


  3.設定完了

    以下のように「<アプリ無効>」が設定され、ジェスチャー操作が無効になります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション