kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リポジトリー情報が修正されました

  「Google Chrome 49.0.2623.87」がリリースされ、以前紹介した「Linux向けGoogle Chrome 64bit版のリポジトリー情報のダウンロードに失敗する」問題が修正されました。


  リポジトリー情報を自分で修正した人は 

    「Google Chrome」のリポジトリー情報を自分で修正した人は、「ソフトウェアの更新」から「Google Chrome」をアップデートしてください。
    自動的に修正後のファイルが反映されるのでアップデートするだけでOKです。


  リポジトリー情報を自分で修正していない人は

    リポジトリー情報を自分で修正してアップデートするか、「Google Chrome」をダウンロードしてインストールしてください。


    ダウンロードしたdebパッケージをダブルクリックすると、以下のように「Ubuntuソフトウェアセンター」が起動するので、「アップグレード」ボタンをクリックします。


修正された内容

  前回紹介したファイルを見てみると、以下のようになっています。

  /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list


### THIS FILE IS AUTOMATICALLY CONFIGURED ###
# You may comment out this entry, but any other modifications may be lost.
deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main

  /opt/google/chrome/cron/google-chrome


# sources.list setting for google-chrome updates.
REPOCONFIG="deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main"
REPOCONFIGREGEX="deb (\[arch=[^]]*\bamd64\b[^]]*\][[:space:]]*)?https?://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main"


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション