kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Equalizerプラグイン

  Equalizerプラグインは、「Rhythmbox」にイコライザー機能を提供するプラグインです。


  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:fossfreedom/rhythmbox-plugins

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rhythmbox-plugin-equalizer」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.プラグインの有効化

    「Rhythmbox」を再起動して「プラグインの設定」画面を開くと「Equalizer」プラグインが追加されているので、「Equalizer」プラグインにチェックを入れます。


  4.Equalizer画面の表示

    イコライザーの設定は、Equalizer画面から行います。
    Equalizer画面を表示するには、「ツール」メニューを開き「Equalizer」をクリックします。


イコライザーの設定

  イコライザーの設定画面です。


  1.周波数補正

    各周波数に対する補正値を設定します。

    左側の周波数に向かうほど、低音域に対する補正になります。
    右側の周波数に向かうほど、高音域に対する補正になります。

    補正値「0.0」が補正なしになります。
    補正値の数値を大きくするほど、その周波数に対応する音のボリュームが大きくなります。
    補正値の数値を小さくするほど、その周波数に対応する音のボリュームが小さくなります。

  2.プリセット

    予め用意されている補正値のテンプレートです。
    以下のプリセットが利用できます。

プリセット 概要
default 補正を行わない
ballad バラード向けの補正を行う
classic クラシック向けの補正を行う
club クラブミュージック向けの補正を行う
dance ダンスミュージック向けの補正を行う
more bass 低音域を強調する補正を行う
more bass and treble 低音域と高音域を強調する補正を行う
more treble 高音域を強調する補正を行う
party パーティーソング向けの補正を行う
pop ポップミュージック向けの補正を行う
reggae レゲエ向けの補正を行う
rock ロック向けの補正を行う
ska スカ向けの補正を行う
soft ソフトロック向けの補正を行う
techno テクノ向けの補正を行う

  3.「Reset」ボタン 

    現在の補正値を、「2.」で選択されている補正値に戻します。

  4.Reset All」ボタン

    「2.」を「default」に変更し、すべての周波数の補正値を「0.0」に戻します。
    つまり、補正なしになります。

  5.「閉じる」ボタン

    イコライザー画面を閉じます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション