kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ParametricEQプラグイン

  ParametricEQプラグインは、パラメトリックイコライザーで音を補正するプラグインです。


  最大64バンドまで対応しています。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:fossfreedom/rhythmbox-plugins

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rhythmbox-plugin-parametriceq」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.プラグインの有効化

    「Rhythmbox」を再起動して「プラグインの設定」画面を開くと「ParametricEQ」プラグインが追加されているので、「ParametricEQ」プラグインにチェックを入れます。


  4.イコライザー画面の表示

    イコライザー画面を表示するには、「ツール」メニューを開き「Equalizer」をクリックします。


イコライザー画面のUI構成

  イコライザー画面のUI構成です。


  1.Add band

    バンドを追加します。

  2.Save

    現在の設定内容を「3.」のプリセットに保存します。

  3.プリセット

    プリセットを選択すると、そのプリセットに保存されている設定が読み込まれバンド設定に反映されます。

  4.Gain

    周波数に対する補正値を指定します。

    現在の補正値は上部に数値で表示されます。
    スライダーバーのツマミを動かせば、補正値の変更が可能です。

  5.f(Frequency)

    バンドに設定されている周波数が表示されます。

  5.w(Band Width)

    バンドに設定されているバンド幅が表示されます。

  5.Peak

    バンドに設定されているフィルターが表示されます。
    フィルターには、以下の3種類があります。

  • Peak(ピークフィルター)
  • Low shelf(ローシェルフフィルター)
  • High shelf(ローシェルフフィルター) 

  5.loudness

    チェックをオンにすると、現在のボリュームに応じてGainに補正をかけます。
    Gainにかける補正は、バンドの設定画面で行います。

    この補正は、ボリュームが小さい時に低周波音のボリュームを調整したい時に使用します。

  6.Edit

    バンドの設定画面を表示します。

  7.Remove

    バンドを削除します。

バンドを追加する

  バンドを追加します。

  1.バンドの追加

    画面左上の「Add band」ボタンを追加します。



  2.バンドの設定

    バンドの設定画面が表示されるので、バンドの設定を行います。


    バンドの設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。
    バンドの設定は後述の「バンドの設定」を参考にしてください。

  3.追加完了 

    以下のようにバンドが追加されます。


バンドの設定を変更する

  既存のバンドのバンド設定を変更します。

  1.バンド設定画面の表示

    バンド設定を変更したいバンドの「Edit」ボタンをクリックします。


  2.バンドの設定

    バンドの設定画面が表示されるので、バンドの設定を行います。

    バンドの設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。
    バンドの設定は後述の「バンドの設定」を参考にしてください。

バンドの設定

  バンドの設定画面です。


  Bandwidth

    バンド幅を指定します。
    単位はHzです。

  frequency

    周波数を指定します。
    単位はHzです。

  Gain

    ゲインを指定します。
    単位はdBです。

  loudnes max gain

    「loudness」で使用するゲイン補正の最大値を指定します。
    単位はdBです。

  max dB volume percentage

    「loudness」で使用する最大ボリュームの割合を%で指定します。

  0dB volume percentage

    「loudness」で使用する0dBのボリュームの割合を%で指定します。

  フィルター

    適用するフィルターを以下の3種類から選択します。

  • Peak(ピークフィルター)
  • Low shelf(ローシェルフフィルター)
  • High shelf(ローシェルフフィルター)
 

  loudness補正について

    「loudness」補正の計算は、以下のように行われます。

minVolFact = (float(self.minVolumePercentage)/100)
maxVolFact = (float(self.maxVolumePercentage)/100)
calculatedGainFactor = (1.0 / (maxVolFact - minVolFact) ) * (volume - minVolFact)
calculatedOffsetGain = (maxGain - (calculatedGainFactor * maxGain))
appliedGain = max( min( gain + calculatedOffsetGain, 12.0), -24.0 )

変数 対応する設定
minVolumePercentage 0dB volume percentage
maxVolumePercentage max dB volume percentage
volume 現在のボリューム
maxGain loudnes max gain
gain Gain
appliedGain 最終的に適用されるゲイン値

バンドを削除する

  特定のバンドを削除します。

  1.バンドの削除

    削除したいバンドの「Remove」ボタンをクリックします。


  2.削除完了

    以下のように、バンドが削除されます。


バンド設定を保存する

  バンド設定を変更したら、バンド設定を保存します。
  バンド設定は自動的に保存されないため、画面を閉じる前にバンド設定を保存しておきましょう。

  1.プリセット名の入力

    「preset」にプリセット名を入力します。
    分かりやすい名称を入力しておくと良いでしょう。


  2.バンド設定の保存

    「Save」ボタンをクリックします。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション