kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Stellarium

  「Stellarium」は、恒星や星座など星空をリアルタイムに表示する天体観測アプリです。
  自分の住んでいる場所から星空の様子を観測することができます。


  アプリ名は、「stellarium」です。

Stellariumのインストール

  「Stellarium」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「stellarium」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

Stellariumの起動

  Dashホームを開いて以下のように「Stellarium」を検索し、「Stellarium」を起動します。


現在位置(観測場所)を設定する

  「Stellarium」を起動したら、まず現在位置(観測場所)を設定します。
  現在位置とは、星空の観測を行う位置のことです。
  設定した位置から星空を眺めることができます。

  1.現在位置設定画面の表示

    現在位置の設定は、現在位置設定画面から行います。
    現在位置設定画面を表示するには、マウスカーソルを画面左側に移動させ、サイドツールバーを表示します。

    以下のようにサイドツールバーが表示されたら、「現在位置」ボタンをクリックします。


  2.現在位置設定画面

    以下のように、現在位置設定画面が表示されます。


現在位置をマップから検索するには

  現在位置をマップから検索する方法です。

  1.国の選択

    国をマップから選択します。
    日本に住んでいるなら、マップ右側の日本をクリックします。


  2.地域の選択

    右側の場所リストに「1.」で選択した国に登録されている地域の一覧が表示されます。
    この一覧の中から場所を選択すれば、現在位置が設定されます。


  場所の詳細情報

    場所の詳細情報は、画面下部の「現在位置の情報」に表示されます。


    「現在位置の情報」と画面上部のマップや場所一覧は連動します。

場所一覧を場所名でフィルタリングして表示するには

  場所一覧に表示される場所を場所名でフィルタリングして表示し、場所を選択することも可能です。

  1.キーワードの入力

    場所一覧下部の検索ボックスに場所名を入力します。


  2.場所の選択

    部分一致でフィルタリングが行われ、条件に合う場所が表示されます。
    一覧から場所を選択すれば現在位置が設定されます。 


  フィルタリングを解除するには

    フィルタリングを解除するには、「Reset Location List」ボタンをクリックします。


    以下のようにフィルタリングが解除され、すべての場所が表示されます。


緯度/経度/高度を指定して現在位置を設定するには

  緯度/経度/高度を指定して現在位置を設定することも可能です。

  1.緯度/経度/高度の入力

    画面左下の「現在位置の情報」に、緯度/経度/高度を入力します。


    緯度/経度/高度を入力すると、即座に現在位置に反映されます。

  2.惑星の選択

    必要に応じて惑星を選択します。
    地球以外の惑星から、星空を観測することもできます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション